藤井・滝沢綜合法律事務所へ問合せ

弁護士 藤井・滝沢綜合法律事務所

  • 対応地域

    千葉県 埼玉県 東京都 神奈川県

  • 住所

    千葉県千葉市中央区中央3-4-8 コーノスビル5階地図を見る

  • 最寄駅

    【電車】
    JR線「千葉駅」東口徒歩13分/千葉都市モノレール線「葭川公園駅」徒歩5分/京成線「千葉中央駅」徒歩10分
    【バス】
    JR「千葉駅」から中央「2・3丁目」停留所、徒歩3分
    【その他】
    コーノスビル5階/「きぼーる 千葉銀座商店街」近く

  • 営業時間

    (午前)09:00〜12:00 (午後)13:00〜17:30 (時間外・休日)事前予約で対応可

  • 定休日

    土曜日・日曜日・祝日

  • 特記事項

    電話相談可能、初回面談無料、土日面談可能、18時以降面談可能

  • 対応分野

    遺産分割、相続手続、遺言、遺留分、相続放棄、相続調査、紛争・争続、成年後見

藤井・滝沢綜合法律事務所弁護士からのメッセージ

弁護士暦35年の経験に基づく確実な事件処理

当事務所は、藤井一弁護士と滝沢信弁護士の両弁護士が平成6年に開設した事務所であり、現在は6名の弁護士が所属しております。

藤井・滝沢の両弁護士は、弁護士として35年以上のキャリアを有しており、千葉県弁護士会の副会長や地方自治体の監査人等を務めた経験もあります。

長年培った様々な経験に基づき、ご依頼者にとって確実な事件処理を行います。

当事務所の特長

相続分野における強み

調停委員・家事調停官の経験を有する弁護士も所属しており、相続分野における実務運用についても十分に熟知しております。AFP資格を有した弁護士も所属しており、ライフプラン・節税の視点を踏まえた遺言や相続に関するご案内・ご提案が可能です。

また相続分野では、相続税・不動産登記等の実務を踏まえた対応が不可欠となりますが、ご協力いただいている税理士・司法書士と連携の上、確実な事件処理を進めてまいります。

その他、個人事業主・会社の代表者等の相続の場合、事業をいかに承継するかという問題も発生いたします。

当事務所では、独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営する千葉よろず支援拠点に所属する弁護士もおり、相続発生前における事業承継の進め方から、相続発生後における事業承継のための対応にいたるまで、適切なアドバイスをさせていただきます。

柔軟な相談体制

事前にご予約いただければ、営業時間外・土日祝日のご相談にも対応しております。

またご希望に応じて、ZoomやSkypeを利用したオンラインでの相談も行います。

相談しやすい優しい弁護士

弁護士という職業は、ただでさえ敷居が高く、厳しい、怖い人だと思われがちです。

当事務所では、人にやさしくを事務所理念として掲げており、業務を通して個人の考えや価値観を尊重し、ご依頼者様はもちろん、関わる人すべてに対して思いやりを持って接する優しい弁護士であるように努めています。 

「こんなことを相談して良いのだろうか」等とは思わず、お気軽に何でもご相談ください。

女性弁護士の在籍

ご相談者の中には、男性弁護士では高圧的な感じがして話がしづらい、女性同士の方が話しがしやすいと思われる方もいらっしゃいます。

当事務所には女性弁護士が在籍しておりますので、ご希望に応じて女性弁護士による対応も可能です。

料金体系

【1】法律相談

法律相談料:30分ごとに5,500円

【2】訴訟事件(手形・小切手訴訟事件を除く)・非訟事件・家事審判事件・行政事件・仲裁事件

◆着手金
事件の経済的な利益の額が、

  • 300万円以下の場合        :経済的利益の8.8%
  • 300万円を超え3,000万円以下の場合:5.5%+9万9,000円
  • 3,000万円を超え3億円以下の場合 :3.3%+75万9,000円
  • 3億円を超える場合        :2.2%+405万9,000円
  • 着手金の最低額          :11万円

◆報酬金
事件の経済的な利益の額が、

  • 300万円以下の場合        :経済的利益の17.6%
  • 300万円を超え3,000万円以下の場合:11%+19万8,000円
  • 3,000万円を超え3億円以下の場合 :6.6%+151万8,000円
  • 3億円を超える場合        :4.4%+811万8,000円

【3】調停事件及び示談交渉事件

  • 着手金及び報酬金:【2】に準ずる。ただし、それぞれの額を3分の2に減額することができる。
  • 着手金の最低額 :11万円

※示談交渉から調停、示談交渉または調停から訴訟その他の事件を受任するときの着手金は、【1】または【5】の額の2分の1

【4】遺言書作成

◆定型
11万円から22万円の範囲内の額

◆非定型 基本
経済的な利益の額が、

  • 300万円以下の場合        :22万円
  • 300万円を超え3,000万円以下の場合:1.1%+18万7,000円
  • 3,000万円を超え3億円以下の場合 :0.33%+41万8,000円
  • 3億円を超える場合        :0.11%+107万8,000円

◆特に複雑又は特殊な事情がある場合
弁護士と依頼者との協議により定める額

◆公正証書にする場合
上記の手数料に3万3,000円を加算する。

【5】遺言執行

◆基本
経済的な利益の額が、

  • 300万円以下の場合        :33万円
  • 300万円を超え3,000万円以下の場合:2.2%+26万4,000円
  • 3,000万円を超え3億円以下の場合 :1.1%+59万4,000円
  • 3億円を超える場合        :0.55%+224万4,000円

◆特に複雑又は特殊な事情がある場合
弁護士と受遺者との協議により定める額

◆遺言執行に裁判手続を要する場合
遺言執行手数料とは別に、裁判手続きに要する弁護士報酬を請求できる。

※実費は別にかかります。

過去の相談事例

相続人の人数が多いケース

【相談内容】

叔父名義の根抵当権がついたままの不動産について、①遺産分割により取得をし、②根抵当権を抹消し、その後に、売却したいというご相談でした。

【解決】

相続人を調査したところ、十数名の相続人が全国各地にいることが明らかとなり、調停を申立てましたが、相続人全員が揃う機会が得られませんでした。そこで、調停に代わる審判を成立させ、無事に不動産を取得することができました。

根抵当権は、司法書士の先生と協力をし、登記簿上の抵当権者の相続人に了承をいただき、抹消することができました。

遺留分侵害額請求が認められたケース

【相談内容】

お父様が遺言を残しており、遺言通りのままでは、ご相談者様は、遺産がもらえない状況でした。

【解決】

適切に資料を開示し、遺留分侵害額請求を行ったことで、数百万円の金銭を得ることができました。

事務所概要

代表弁護士 藤井 一
所属団体 千葉県弁護士会
事務所設立 平成6年
弁護士 藤井 一
経歴 ◆略歴

  • 1975年 都立両国高等学校卒業
  • 1981年 早稲田大学法学部卒業
  • 1983年 弁護士登録
  • 1994年 藤井・滝沢綜合法律事務所開設
  • 1998年 千葉県弁護士会副会長
  • 2010年 日本司法支援センター千葉地方事務所副所長

◆現在

  • 千葉県弁護士会綱紀委員会委員長
  • 市原市監査委員
  • 千葉家庭裁判所調停委員
弁護士 滝沢 信
経歴 ◆略歴

  • 1954年 福島県会津生まれ
  • 1977年 中央大学法学部卒業
  • 1983年 司法試験合格
  • 1985年 弁護士登録
  • 1993年 千葉県弁護士会こどもの権利委員会委員長
  • 1994年 藤井・滝沢綜合法律事務所開設
  • 2004年 千葉県弁護士会副会長
  • 2004年 佐倉市監査委員
  • 2005年 医療事故情報センター理事
  • 2009年 裁判員制度対策委員長

◆現在

  • 原発被害救済千葉県弁護団 事務局長
  • 千葉県弁護士会綱紀委員会委員
  • 千葉医療問題研究会副運営委員
  • 千葉県弁護士会 憲法問題対策委員会委員
  • 東金市情報公開審査委員
弁護士 髙塚 真希
経歴
  • 1983年 兵庫県姫路市生まれ
  • 2002年 兵庫県立姫路西高等学校卒業
  • 2005年 司法試験合格
  • 2006年 大阪大学法学部卒業
  • 2006年 最高裁判所司法研修所入所(60期)
  • 2007年 弁護士登録、藤井・滝沢綜合法律事務所入所
  • 2008年~2019年 千葉県弁護士会両性の平等に関する委員会委員(2009年~2014年は同副委員長)
  • 2011年~2019年 日本弁護士連合会両性の平等に関する委員会特別委嘱委員
  • 2013年~2018年 千葉県弁護士会家事事件運用検討協議会(旧名称:家事事件手続法等運用検討協議会)委員(2013年~2015年は同副委員長)
  • 2014年~2019年 千葉市精神医療審査会審査委員
  • 2016年~2018年 千葉家庭裁判所家事調停官(非常勤裁判官)
  • 2017年~2019年 千葉県市川市男女共同参画推進審議会委員
  • 2020年3月~現在 萬國法律事務所(台湾台北市)にて勤務
著書
  • 「重度かつ特殊な伝染性肺炎の防止及び救済振興特別条例」の概要と法的問題点について(「嚴重特殊傳染性肺炎防治及紓困振興特別條例」之概要及其法律問題)(萬國法律雑誌第231期。共著)
  • 「養育費・婚姻費用の新算定表マニュアル~具体事例と活用方法」(日本弁護士連合会両性の平等に関する委員会編。共著)
  • 「慰謝料算定の実務 第2版」(千葉県弁護士会編。共著)
  • 「裁判員裁判における精神鑑定 事例報告③ インテイク鑑定の鑑定人がそのまま正式鑑定の鑑定人に選任された事例」)季刊刑事弁護第69号80頁以下」
  • 「「治療的司法」への道―再犯を防ぐ弁護活動と取組み ケース報告 薬物依存① 「治療」を主眼においた弁護」(季刊刑事弁護第64号35頁以下)
  • 「【裁判員制度の動きをみる】下着泥棒の強盗致傷事件」(法学セミナー第55巻1号142頁以下)
弁護士 足立 啓輔
経歴 ◆略歴

  • 1989年 福岡県福岡市生まれ
  • 2007年 福岡県私立西南学院高等学校卒業
  • 2011年 一橋大学法学部卒業
  • 2013年 一橋大学法学研究科法科大学院卒業
  • 2014年 弁護士登録、藤井・滝沢綜合法律事務所入所
  • 2021年 中小企業庁千葉県よろず支援拠点コーディネーター

◆現在

  • 原発被害救済千葉県弁護団 事務局次長
  • 千葉医療問題研究会員
  • 千葉県弁護士会業務改革委員会 中小企業支援室
  • 千葉県弁護士会社会福祉委員会 副委員長
  • 千葉県弁護士会社会福祉委員会 子ども・若者の貧困部会 部会長
  • 千葉県弁護士会社会福祉委員会 LGBT支援部会
  • 日弁連交通事故相談センター千葉県支部 委員

◆資格

  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 日本FP協会認定AFP
  • 日本商工会議所簿記検定試験3級
  • サウナ・スパ健康アドバイザー
講演・セミナー歴等
  • 千葉県よろず支援拠点ステップアップセミナー「知っておこう!開業時に陥りやすい法的トラブル回避術」(2017年)
  • 選択型実務修習(司法修習生向け講義)交通事故研修(2017年~)
  • 淑徳大学「卒後教育と人間開発―生活上の権利と専門職間対応―」(オムニバス講義)講師(2021年)
  • 千葉県よろず支援拠点セミナー「ここだけ押さえる!現役弁護士が教える契約書の勘所」(2021年)
弁護士 朝倉 賢大
経歴 ◆略歴

  • 1990年 千葉県市川市生まれ
  • 2009年 東邦大学付属東邦高等学校卒業
  • 2013年 立命館大学法学部卒業
  • 2015年 慶應義塾大学大学院法務研究科修了
  • 2017年 弁護士登録、藤井・滝沢綜合法律事務所入所

◆現在

  • 原発被害救済千葉県弁護団員
  • 千葉医療問題研究会員
  • 千葉県弁護士会業務改革委員会 委員
  • 千葉県弁護士会消費者問題委員会 委員
  • 千葉県弁護士会労働問題対策委員会 委員
  • 千葉県弁護士会紛争解決支援センター運営委員会 委員
講演・セミナー歴等
  • 第66回関東弁護士会連合会定期弁護士大会 「創業者の想いをつなぐ ~創業支援・事業承継支援における連携~」(2019年)
  • 千葉県弁護士会 「労働法基礎講座(残業代請求)」(2021年)
  • 千葉県弁護士会 「選択型実務修習(司法修習生向け講義)医療事故研修」(2021年)
弁護士 藤井 真沙美
経歴 ◆略歴

  • 1989年 千葉県松戸市育ち
  • 2007年 学習院女子高等科卒業
  • 2011年 学習院大学法学部卒業
  • 2014年 学習院大学法科大学院卒業
  • 2017年 弁護士登録
  • 2019年 藤井・滝沢綜合法律事務所入所

◆現在

  • 原発被害救済 千葉県弁護団員
  • 千葉医療問題研究会員
  • 千葉県弁護士会 社会福祉委員
  • 千葉県弁護士会消費者問題委員会委員
  • 千葉県弁護士会民事訴訟法運用検討協議会委員

藤井・滝沢綜合法律事務所へのアクセス

double_arrow