新潟つばさ法律事務所へ問合せ

弁護士 新潟つばさ法律事務所

  • 対応地域

    新潟県

  • 住所

    新潟県新潟市中央区学校町通1番町12 市役所前ビル6階地図を見る

  • 最寄駅

    JR新潟駅から新潟交通バス:「市役所前」バス停から徒歩1分/JR越後線「白山駅」から徒歩約15分/「桜木I.C」から約10分

  • 営業時間

    (平日)9:30〜17:30

  • 定休日

    土曜日・日曜日・祝日

  • 特記事項

  • 対応分野

    遺産分割、相続手続、遺言、遺留分、相続放棄、相続調査、紛争・争続、成年後見

新潟つばさ法律事務所弁護士からのメッセージ

実務経験が豊富な弁護士事務所

いずれも10年以上の実務経験を有する弁護士が、専門的な知見とフットワークの軽さ、そして情熱をもってご依頼いただいた問題の解決に取り組みます。

3つの基本方針

当事務所では、以下の3つの基本方針に則り、より質の高いリーガルサービスの実現を目指してまいります。

  1. 案件処理の方針や費用について充分な説明を行います
  2. 問題解決とその先を目指して全力を尽くします
  3. フェアネスの精神と情熱をもって取り組みます

料金体系

相談料

30分 5,500円(税込)

遺言書作成

22万円(税込)~

遺言執行

33万円(税込)~

遺産分割

経済的利益を基準として以下の算定方法によります。

経済的利益は対象となる相続分の時価相当額をいいます。ただし、分割の対象となる財産の範囲及び相続分のいずれについても争いのない部分については相続分の時価の3分の1の額とします。

◆着手金(税込)

  • 300万円以下の場合        :8.8%(ただし最低額は、協議時22万円・調停時追加額11万円)
  • 300万円を超え3,000万円以下の場合:5.5%+9万9,000円
  • 3,000万円を超え3億円以下の場合  :3.3%+75万9,000円
  • 3億円を超える場合         :2.2%+405万9,000円

◆報酬金(税込)

  • 300万円以下の場合        :17.6%
  • 300万円を超え3,000万円以下の場合:11%+19万8,000円
  • 3,000万円を超え3億円以下の場合  :6.6%+151万8,000円
  • 3億円を超える場合         :4.4%+811万8,000円

訴訟(遺言無効確認、遺留分侵害額請求等)

33万円(税込)~

事務所情報

定休日

土、日、祝(他に年末年始、お盆休みあり)

アクセス

◆電車・バスをご利用の場合

  • JR「新潟駅」から新潟交通バスで約15分、「市役所前」バス停にて下車、徒歩約1分
  • JR越後線「白山駅」から徒歩約15分

◆お車でお越しの場合

  • 国道8号線(新潟バイパス)「桜木I.C」から新潟市役所方面へ約10分

※当事務所専用駐車場はご用意しておりませんので、付近のコインパーキング等をご利用ください。なお、市役所前ビル下にございます「市役所前ビル駐車場」につきましては、サービス券をご用意しておりますのでお申しつけください。

過去の相談事例

遺言に関する事例

【相談内容】

依頼者は住んでいるマンションのために遺産を使って欲しいという希望でした。

【解決】

依頼者と協議の上、マンション管理組合が受益者となる形で信託を設定した公正証書遺言を作成しました。

相続全般に関する事例

【相談内容】

亡くなった方(被相続人)の親族から、被相続人に貸したお金の返済を相続人に求めたいという内容の相談でした。

【解決】

被相続人の遺産はほとんどなく、他方で親族に対する負債がありました。相続人は熟慮期間経過後に相続放棄をしましたが、他方でかなりの額の保険金を受領していました。

被相続人の死亡直後から未払金の存在を知っていたため相続放棄が無効であるとして訴訟を提起し、最終的には金銭的解決による和解をしました。

事務所概要

代表弁護士 石井 正人
所属団体 新潟県弁護士会
事務所設立 2012年1月
弁護士 石井 正人(いしい まさと)
経歴
  • 2007年9月 弁護士登録(新潟県弁護士会)
  • 2012年1月 新潟つばさ法律事務所を設立
著書
  • 2009年 5月 Q&A保証人110番〔全訂2版〕(新潟県弁護士会編)(編集委員)
  • 2011年 8月 少年事件ビギナーズ(現代人文社)(共著)
  • 2014年10月 民事判例Ⅸ 2014年前期(日本評論社)(「不法行為裁判例の動向」を担当)
  • 2016年10月 民事判例13 2016年前期(日本評論社)(「注目裁判例研究 不法行為2」を担当)
  • 2018年 4月 民事判例16 2017年後期(日本評論社)(「不法行為裁判例の動向」を担当)
  • 2019年 4月 民事判例18 2018年後期(日本評論社)(「注目裁判例研究 不法行為2」を担当)
弁護士 田村 剛志 (たむら たけし)
経歴
  • 2010年12月 弁護士登録(東京弁護士会)
  • 2012年 7月 新潟県弁護士会に登録換え
  • 2015年 4月 新潟つばさ法律事務所入所
著書
  • 2015年7月 季刊刑事弁護83号(現代人文社)(「弁護士過疎地でガンバル」を執筆)

新潟つばさ法律事務所へのアクセス

double_arrow