横谷法律特許事務所へ問合せ

横谷法律特許事務所

  • 対応地域

    広島県 愛媛県 山口県 島根県 岡山県 鳥取県

  • 住所

    広島県広島市中区東白島町15-6 第1西林ビル3階地図を見る

  • 最寄駅

    広島電鉄白島線「白島電停」

  • 営業時間

    (平日)9:30〜19:00 (土曜)13:00〜19:00

  • 定休日

    日曜日・祝日

  • 特記事項

    初回面談無料、土日面談可能、18時以降面談可能

  • 対応分野

    遺産分割、相続手続、遺言、相続税、遺留分、相続放棄、戸籍収集、銀行手続き、相続調査、相続登記、生前贈与、紛争・争続、事業承継、家族信託、成年後見

弁護士からのメッセージ

お客様が十分納得なさった上で、方針決定ができるよう努めます

生きていく上での様々な場面で、裁判などの法的な対応をすることには、時間もかかりますし、費用も(特に弁護士に依頼する場合は)かかります。

したがって、そのような法的対応は十分検討して、ご自身が納得した上で、始めることが大切です。

また、法的対応を始めた後は、例えば、裁判の過程などで、どのような方針をとるか決めなければならないことがあります。

そのような場合も、十分納得して方針決定することが必要です。

平成12年(2000年)に弊事務所を開設して以来、お客様に対して、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できるだけ詳しくわかりやすくご説明して、お客様が十分納得なさった上で、方針決定ができるよう努めてまいりました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

料金体系

お客様のお話をお聞きした上で、お見積りをお示し致します。

過去の相談事例

母親の遺産の不動産が、遺言書に基づいて、他の相続人の名義に変えられていた事例(依頼者:50代女性)

【相談内容】

母親の遺産の不動産が、お客様の知らない間に、母親の遺言書に基づいて、他の相続人の名義に変えられていました。

晩年、母親は認知症で、自分で遺言書を作れるとは考えられませんでした。

【解決】

亡くなった母親の診療記録や、入所していた施設の母親に関する記録を取り寄せました。

それらにより、遺言書作成の時点で、母親の認知症は進んでいたため、遺言書を作れるような状態ではなかったと考えられました。

このため裁判を起こし、その結果、遺言書が無効であることが認められました。

遺産分割の交渉をした事例(依頼者:50代女性)

【相談内容】

お客様の夫が亡くなりましたが、他の相続人とは普段から付き合いがなかったので、遺産分割の話がしづらいということでした。

【解決】

弁護士が間に立って交渉し、遺産分割協議がまとまりました。

事務所概要

代表弁護士 横谷 荘一郎
所属団体
  • 広島弁護士会
  • 日本弁理士会
事務所設立 平成12年(2000年)4月

所属弁護士

弁護士 横谷 荘一郎
経歴 大学(数学科)を卒業後、損害保険会社に就職。
その後、企業の退職金・退職年金制度などに関するコンサルティング会社に転職。
同社を退職後、司法試験を受験し、司法修習(弁護士、裁判官などの研修です)を経て、平成12年(2000年)に弊事務所を開設。

横谷法律特許事務所へのアクセス

double_arrow