検討リスト

検討リストから問い合わせ
      検討済みリストは空です

閲覧履歴

    履歴が登録されていません

検討リスト

検討リストから問い合わせ
      検討済みリストは空です

閲覧履歴

    履歴が登録されていません
電話相談可能初回面談無料土日面談可能18時以降面談可能

黒柳 泰子弁護士

東京都港区麻布十番1-7-11 深瀬ビル7階

相続に詳しい女性弁護士が、お一人お一人の状況を丁寧に伺いながら、専門的な見地から解決策をご提案します。

相続の問題は、他の相続人との将来の関係も考慮しながら解決策を考える必要があり、最善の解決策は、それぞれの状況によって異なります。

当事務所では、相続に詳しい女性弁護士が、お一人お一人の状況を丁寧に伺いながら、専門的な見地から解決策をご提案します。

安心してお話いただけるような雰囲気づくりを心掛けておりますので、まずは、一度お気軽にご相談にお越しください。

初回は、ご本人様確認のため、必ず事務所にお越しいただくようお願いしておりますが、2回目以降は、オンライン(Zoom、Google Meet、Teamsなど)やお電話でのお打合せも可能です。

また、完全予約制で、夜間、土日の対応もいたしております。

相続問題のお悩みはぜひご相談ください


過去の相談事例

遺言書があり遺留分侵害額請求をして和解に至った事例①

【事案と解決】

相続人の一人に多額の遺額の遺産を相続させる遺言書があり、お一人で遺留分侵害額請求の通知書を送付し交渉を始めていらっしゃいました。

しかし、やはり心配なので専門家の視点から確認をして欲しいとのご相談がありました。

弁護士の調査の結果、遺留分侵害額請求の対象となる財産が、ご本人が考えていらっしゃったものより多くあることが分かり、結果的に、当初のご本人の想定よりも多くの和解金を得られました。

遺言書があり遺留分侵害額請求をして和解に至った事例②

【事案と解決】

他の相続人にすべての財産を相続させる遺言書があったため、まず遺留分侵害額請求をいたしました。

その後、遺産分割調停を申立て、交渉をした結果、遺留分割合を超える条件で遺産分割調停が成立しました。

プロフィール

弁護士 黒柳 泰子
所属団体 第二東京弁護士会
所属事務所 麻布十番パートナーズ法律事務所
経歴
  • 教育出版社系企業、外資系大手IT企業などでの会社員経験を経て弁護士になる。
  • 2011年5月 麻布十番パートナーズ法律事務所設立 共同代表

営業時間外09:00-18:00

黒柳 泰子弁護士
への相談はこちらから

\ 24時間受付中 /

Webで相談

\ 早期解決をご希望の方向け /

050-7586-7109

黒柳 泰子弁護士の営業日・相談可能日

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

  • 31

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

※営業日・相談可能日が変更となる場合もございます。詳細はお問い合わせください。

受付時間

受付時間

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

定休日
土曜日・日曜日・祝日
備考

特長

特長・強み
初回面談無料 / 電話相談可能 / 土日面談可能 / 18時以降面談可能
対応分野
遺言書 / 遺留分 / 遺産分割 / 生前贈与 / 紛争・争続 / 相続財産調査 / 相続放棄 / 家族信託 / 事業承継
対応地域
東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県

所属弁護士のご紹介

弁護士黒柳 泰子弁護士

経歴
教育出版社系企業、外資系大手IT企業などでの会社員経験を経て弁護士になる。
2011年5月 麻布十番パートナーズ法律事務所設立 共同代表

遺産相続の料金表

事務所へのアクセス

住所
東京都港区麻布十番1-7-11 深瀬ビル7階
最寄り駅
交通手段
南北線「麻布十番駅」4番出口から徒歩3分
都営大江戸線「麻布十番駅」7番出口から徒歩2分

遺産相続案件の解決事例

CASE01

遺言書があり遺留分侵害額請求をして和解に至った事例①

相談者の属性
匿名
相談内容

相続人の一人に多額の遺額の遺産を相続させる遺言書があり、お一人で遺留分侵害額請求の通知書を送付し交渉を始めていらっしゃいました。 しかし、やはり心配なので専門家の視点から確認をして欲しいとのご相談がありました。

解決内容

弁護士の調査の結果、遺留分侵害額請求の対象となる財産が、ご本人が考えていらっしゃったものより多くあることが分かり、結果的に、当初のご本人の想定よりも多くの和解金を得られました。

CASE02

遺言書があり遺留分侵害額請求をして和解に至った事例②

相談者の属性
匿名
解決内容

他の相続人にすべての財産を相続させる遺言書があったため、まず遺留分侵害額請求をいたしました。 その後、遺産分割調停を申立て、交渉をした結果、遺留分割合を超える条件で遺産分割調停が成立しました。

初回面談無料の弁護士事務所

土日も相談できる弁護士事務所

この地域で対応可能な弁護士事務所

失敗しない弁護士選びのために

弁護士への依頼の流れ

looks_one

弁護士検索

弁護士検索

エリア・目的ごとに弁護士を検索できます。条件にマッチする弁護士を探しましょう。

looks_two

問い合わせる

問い合わせる

気になる弁護士に電話かフォームでお悩みの内容を伝えましょう。※この時点では料金は発生しません。

looks_3

依頼する

依頼する

安心して相談できる弁護士を選び、条件や弁護士費用(報酬)を確認の上で相談・依頼に移ります。

looks_4

費用の支払い

費用の支払い

各弁護士の方針に応じ相談料・着手金・報酬金を支払います。※実費や日当が発生することもあります。

弁護士選びの4つのポイント

check_box

実績や経歴

実績や経歴

過去の実績などから、相続での経験豊富な弁護士を探しましょう。

check_box

相性・人間性

相性・人間性

相談がしやすく、説明が丁寧な弁護士かどうか確認しましょう。

check_box

解決事例など

解決事例など

過去の事例から、解決までの流れを把握しておきましょう。

check_box

費用感など

費用感など

料金体系や支払方法は事務所ごとに異なるので、よく比較しましょう。

条件に合う弁護士を簡単に探したいときは
弁護士費用一括見積り

  • 遺産相続に強い弁護士がわかる
  • 複数の弁護士から見積りが取れる
  • フォームに入力で見積りが最短即日に届く

\最大10社から見積りが届きます/

今すぐ一括見積り無料
double_arrow