香典に税金はかかる?いくらまで非課税?課税されるなら相続税?

高額な香典をいただいたら、その気持ちは嬉しいけれど、税金がかかるかもしれません。

では、課税されるとしたら、相続税でしょうか?贈与税でしょうか?所得税でしょうか?

この記事では、このような香典に関する疑問について、税理士がわかりやすく説明します。
是非、参考にしてください。

節税対策でお悩みの方へ

相続対策に詳しい
FPとの無料面談実施中

「遺産相続ガイド」では、お客様一人ひとりのご状況を丁寧にヒアリングし、状況別に適切な士業の先生を無料でご紹介しています。士業の先生に相談すれば、

  • 正しい知識に基づいた相続に関するアドバイスをしてもらえる
  • 自分にとって最適な相続対策を検討してもらえる

まずはお電話、または無料相談フォームからお気軽にご相談ください。

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ
「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

[ご注意]
記事は、公開日時点における法令等に基づいています。
公開日以降の法令の改正等により、記事の内容が現状にそぐわなくなっている場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。

香典に税金はかかる?

香典に税金がかかるかどうかについて、まず結論をお伝えしたうえで、香典と相続税、贈与税及び所得税のそれぞれの関係について説明します。

基本的には香典に税金はかからない

基本的には香典に税金はかかりません。

ただし、社会通念上、相当と認められる範囲を超えた部分については、個人からの香典には贈与税、法人からの香典には所得税等がかかる可能性があります。

香典に相続税はかかる?

香典に相続税はかかりません。

香典は相続財産ではないからです。

なお、相続財産ではないので遺産分割の対象とはならず、必ずしも相続人が取得するものではありません。

香典は、喪主が取得するという説と、法定相続分に応じて相続人が取得するという説がありますが、いずれにせよ、香典は葬儀費用に充当され、喪主や相続人が取得できるのは余剰分が出た場合のみです。

香典に贈与税はかかる?

個人から受ける香典は、香典を贈る人と受ける人との関係等に照らして社会通念上相当と認められるものについては、与税は課税されません。

社会通念上とは、「常識的に考えて」というような意味です。

贈る人と受ける人との関係等に照らして社会通念上相当と認められる金額を超える部分については、贈与税が課税される可能性があります。

非課税となる香典の金額は、贈る人と受ける人の関係等によるため、一概に「いくらまで非課税」ということはできません。

高額の香典を受けた場合は、税理士に相談することをお勧めします。

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ
「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

香典に所得税はかかる?

法人から受ける香典についても、香典を贈る法人と受ける人との関係等に照らして社会通念上相当と認められるものについては、非課税です。

社会通念上相当と認められる金額を超える部分については、一時所得として所得税、復興特別所得税及び住民税が課税される可能性があります。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

この所得には、次のようなものがあります。

  1. 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)
  2. 競馬や競輪の払戻金
  3. 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等
  4. 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます。)
  5. 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

一時所得の金額は、次のように算式します。

【総収入金額】-【収入を得るために支出した金額】-【特別控除額(最高50万円)=【一時所得の金額】

なお、収入を得るために支出した金額とは、その収入を生じた行為をするため、又は、その収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額に限ります。

一時所得は、その所得金額の1/2に相当する金額を給与所得などの他の所得の金額と合計して総所得金額を求めた後、納める税額を計算します。

詳しくは、税理士に相談することをお勧めします。

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ
「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

香典返しの費用は相続税の計算時に控除できない

葬式費用は、相続税の計算の際に、遺産総額から控除する(差し引く)ことができますが、香典返しのためにかかった費用については、控除することはできません。

香典返しとは、香典を受けた返礼におくる品物のことです。

なお、会葬御礼のためにかかった費用については、葬式費用の一部として相続税の計算の際に控除することができます。

会葬御礼とは、通夜や葬式への参列の返礼に渡す品物のことです。

相続税の葬式費用控除について詳しくは「相続税の計算時に控除できる葬儀(葬式)費用の範囲を具体的に説明!」をご参照ください。

まとめ

以上、香典にかかる税金について説明しました。

相続税申告、贈与税申告、所得税確定申告については税理士に相談することをお勧めします。

の専門家無料紹介のご案内

年間相談件数23,000件以上!
※ 2020年4月~2021年3月実績

相続って何を
するのかわからない

実家の不動産相続の
相談がしたい

仕事があるので
土日しか動けない

誰に相談したら
いいかわからない

費用について
不安がある

仕事が休みの土日に
相談したい

「相続手続」でお悩みの方は
専門家への無料相談がおすすめです
(行政書士や税理士など)

  • STEP1

    お問い合わせ

    専門相談員が無料で
    親身にお話を伺います
    (電話 or メール)

  • STEP2

    専門家との
    無料面談を予約

    オンライン面談
    お電話でのご相談
    も可能です

  • STEP3

    無料面談で
    お悩みを相談

    面倒な手続きも
    お任せください

SNSで記事をシェアする

相続税に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

北陸・甲信越

遺産相続ガイドお客さまセンター

相続・遺言の専門家探しを
遺産相続ガイドが
無料サポート!

▼専門スタッフに電話相談(無料)

phone

0120-919-259

無料通話 平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時


▼メール相談 24時間受付中(無料)

「遺産相続ガイド」に依頼するメリット

  1. 1

    全国の“相続に強い専門家”を紹介

    「遺産相続ガイド」では、行政書士・司法書士・税理士などの士業の中でも、特に相続分野に強い専門家と提携をしており、紹介手配することが可能です。

  2. 2

    相談内容に沿った最適な士業を選定・紹介

    「遺産相続ガイド」では、お客様一人ひとりのご相談内容や状況に応じて、必要な手続きを明らかにし、最適な士業を選定・紹介することができます。

  3. 3

    手続きにかかる費用を抑えることができます

    「遺産相続ガイド」では、業務内容ごとに依頼先を精査し、なるべくお客様の総額費用が抑えられるような提案をしています。

  4. 4

    お急ぎの方は最短で翌日面談が可能

    「遺産相続ガイド」では、専門相談員がお客様のご都合にできるだけ沿えるよう面談日を調整しています。お急ぎの方は最短で翌日の面談が可能です。

  5. 5

    オンライン面談ができる

    「遺産相続ガイド」では、コロナウイルスが心配な方のために、オンライン面談も承っています。(対応可能な士業が限られます。詳しくはお問い合わせください。)

double_arrow