相続問題の悩みは、
相続問題に強い弁護士に無料相談で解決

相続問題の悩みのほとんどは、弁護士に相談することで解決できます。
当サイト「遺産相続ガイド」は、相続問題に強い多数の弁護士を掲載しています。
多くの弁護士が無料で相談に応じています。
一人で悩むよりも、気軽に弁護士に相談して、相続問題から解放されましょう。

遺産相続専門家探す

相談内容から専門家を探す

  • 遺産分割のアイコン

    遺産分割

    遺産を誰にどのように分割するか決めるために相続人の間で行われる協議のことを、遺産分割協議といいます。遺産の分け方が決まったら、行政書士・司法書士に遺産分割協議書を作成してもらい、遺産分割の手続きを進めましょう。

  • 遺留分のアイコン

    遺留分

    相続人であっても、遺言や贈与によって、他の人に遺産が行ってしまい、まったく相続できないようになってしまうことがあります。そのような場合でも、最低限の遺産相続分(遺留分)は請求することができます。弁護士に相談しましょう。

  • 相続放棄のアイコン

    相続放棄

    プラスの財産よりも、借金等の負債の方が大きい場合に相続してしまうとマイナスになってしまいます。被相続人に負債があることが予想される場合は、相続財産の調査を専門家に依頼し、負債の方が大きければ、相続放棄を行うことができます。

  • 相続手続のアイコン

    相続手続

    戸籍収集、銀行口座の解約、不動産名義変更など相続には様々な手続きが伴います。必要な手続きは人によって異なるので、まずは相続に詳しい行政書士や司法書士など専門家に相談しましょう。遺産相続ガイドお客様センターでも無料相談を受付中です。

  • 遺言のアイコン

    遺言

    誰にどの財産を残すか、遺言によって定めることができます。遺言書の形式は細かく決められていて、書き方を間違うと無効になってしまうことがあるので、行政書士・司法書士・弁護士など専門家に相談し作成しましょう。

  • 相続税のアイコン

    相続税

    基礎控除額を超える相続財産がある場合、相続税申告が必要です。申告には相続発生後10カ月以内という期限があるため、相続発生後早めの相談が必要です。また税理士なら誰でもいいわけではなく、相続税に詳しい税理士に相談するのが適切です。

  • 事業承継のアイコン

    事業承継

    被相続人が事業を営んでいる場合は、事業を清算するか、承継するのか、承継する場合は、誰にどのように承継するのかを決め、用意周到に承継を実行していかなければなりません。事業承継を得意とする経営的視座を持った弁護士に相談するとよいでしょう。

  • 家族信託のアイコン

    家族信託

    認知症になると銀行口座が凍結され、不動産売却もできなくなり、家族に金銭的負担がかかります。家族信託は認知症になる前に、信頼できる家族に財産を託して、代わりに管理・運用してもらう制度です。

  • 成年後見のアイコン

    成年後見

    成年後見は、認知症など判断能力の衰えた高齢者や相続人が大切な財産を失わないように、自分一人で契約ができないようにする制度です。家族信託と比べて、メリットとデメリットがあるので、どのような制度を利用すべきかも含めて専門家に相談するとよいでしょう。

  • 紛争・争続のアイコン

    紛争・争続

    相続人同士での遺産分割協議がうまくいかず、争いに発展してしまった場合、弁護士を代理人として立てて交渉することになります。遺産相続ガイドでは、相続分野に強い弁護士が揃っており、初回面談無料の弁護士も多数います。まずは相談してみましょう。

職種から専門家を探す

  • 弁護士

    弁護士

    弁護士は法律のエキスパートです。法律のことなら何でも相談することができます。相続人間で揉めている場合は特に、弁護士に相談することをお勧めします。
  • 税理士

    税理士

    税理士は税金のことの専門家です。相続財産は相続税の課税対象となりますし、贈与財産は贈与税の課税対象となります。相続税や贈与税には、様々な非課税や減税の制度があります。
  • その他

    その他

    相続に際して、司法書士、行政書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、測量士等の専門家への相談が有用な場合があります。また、適切な専門家を紹介するコンサルタントもいます。

知らないする!
わかりやすい
遺産相続基礎知識