弁護士監修記事

終末期医療の事前指示書とは。ひな形・書式の紹介、ACPの進め方

tungsten
遺産相続ガイドでは無料の電話相談を行っています。
相続でお悩みの方は、ぜひ一度、専門家にご相談ください。
※当サイトは東証一部上場・鎌倉新書が運営しています。

終末期医療を迎える前に「事前指示書」を作成しておくことで、お医者さんや看護師さんが、患者さんの意向を把握しやすくなります。

この記事では、「事前指示書」について説明します。

是非、参考にしてください。

[ご注意]
記事は、執筆日時点における法令等に基づき解説されています。
執筆後に法令の改正等があった場合、記事の内容が古くなってしまう場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをお勧めします。

「相続手続」のことなら
にご相談ください !
専門相談員が無料でお話を伺います
「相続手続」のことなら
にご相談ください !

終末期医療の事前指示書とは?

終末期医療の事前指示書とは、患者さんの判断能力が十分でなくなってから行われる終末期医療に関して、患者さんに十分な判断能力があるうちに、その意向を示すために作成した文書のことをいいます。

このような終末期医療に関する患者さんの意向は、リビングウィル(Living Will)と呼ばれます。

事前指示書の書き方

事前指示書には、例えば、病状の悪化などにより自分の考えを伝えられなくなった場合に、(1)心肺蘇生、気管挿管、人工呼吸器の使用や、集中治療室での治療など、心身に大きなつらさや負担を伴う処置を受けても、できる限り長く生きることを重視した治療を受けたいのか、それとも、(2)集中治療室への入院や心肺蘇生、気管挿管、人工呼吸器の使用などの、心身に大きなつらさや負担を伴う処置までは希望しないが、その上で少しでも長く生きるための治療を受けたいのか、それとも、(3)治療による延命効果を期待するよりも、できる限り苦痛の緩和や快適な暮らし(自分らしい生活)を大切にした治療を受けたいのか、といったリビングウィルを記載します。

また、事前指示書には、終末期医療に関して、次のような場合に医師や看護師などの医療・介護従事者と話し合う代理人(患者さんの信頼する家族や友人)を併せて指定します。

  • リビングウィルと医療・介護従事者と考える最善の治療やケアの内容が食い違う場合
  • 事前指示書の文言からリビングウィルが明らかとならない場合
  • リビングウィルに基づき、リスクやデメリットの伴う治療をする場合または治療しないことを選択する場合

このように、事前指示書に記載すべき事前指示は、リビングウィルと代理人の指定です。

なお、この事前指示のことを、アドバンスディレクティブ(Advance Directive)とよぶことがあります。

事前指示書の作成過程「ACP」とは?

事前指示書の作成に当たっては、下の図のように、自分の考えを整理したうえで、かかりつけのお医者さんや信頼できる人(家族、友人)と繰り返し話し合うことが重です。

(出典:大阪府

この事前指示書の作成過程のことをACPAdvance Care Planning = アドバンス・ケア・プランニング)といいます。

上の図のStep5の記録が事前指示書です。

前述のとおり、事前指示書の文言からリビングウィルが明らかとならない場合は、代理人が医療・介護従事者と話し合いますが(Step4)、代理人が事前指示書の作成過程にかかわることによって、いざというときに代理人が本人の意思を推察しやすくなります。

また、事前指示書の作成過程において、かかりつけのお医者さんとしっかりとコミュニケーションをとることで(Step3)、お医者さんや看護師さんも、いざというときに本人の意思を推察しやすくなります。

APCについて詳しくは「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)=人生会議とは?進め方は?」をご参照ください。

事前指示書のひな形・書式・フォーマット・例

事前指示書の書き方がわからない場合はひな形を利用するとよいでしょう。

かかりつけのお医者さんがいる病院で事前指示書のひな形が用意されている場合は、そちらを利用してもよいでしょう。

公開されているひな形を発行機関ごとにいくつか紹介します。

また、以下のような書籍も販売されています。

厚生労働省のものが、ACPの手順に沿って作成できるのでお勧めです。

また、透析を受けている方は、日本透析医学会のものが参考になるでしょう。

まとめ

以上、事前指示書について説明しました。

また、人生のエンディングに備えて用意すべきことは事前指示書だけではありません。

以下の記事もよろしければ参考にされてください。

終活によって誰にも迷惑を掛けずに人生を美しく締め括る方法

の専門家無料紹介のご案内

年間相談件数23,000件以上!
※ 2020年4月~2021年3月実績

相続って何を
するのかわからない

実家の不動産相続の
相談がしたい

仕事があるので
土日しか動けない

誰に相談したら
いいかわからない

費用について
不安がある

仕事が休みの土日に
相談したい

「相続手続」でお悩みの方は
専門家への無料相談がおすすめです
(行政書士や税理士など)

  • STEP1

    お問い合わせ

    専門相談員が無料で
    親身にお話を伺います
    (電話 or メール)

  • STEP2

    専門家との
    無料面談を予約

    オンライン面談
    お電話でのご相談
    も可能です

  • STEP3

    無料面談で
    お悩みを相談

    面倒な手続きも
    お任せください

SNSで記事をシェアする

家族信託に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

北陸・甲信越

遺産相続ガイドお客さまセンター

相続・遺言の専門家探しを
遺産相続ガイドが
無料サポート!

▼専門スタッフに電話相談(無料)

phone

0120-992-519

無料通話 平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時


▼メール相談 24時間受付中(無料)

「遺産相続ガイド」に依頼するメリット

  1. 1

    全国の“相続に強い専門家”を紹介

    「遺産相続ガイド」では、行政書士・司法書士・税理士などの士業の中でも、特に相続分野に強い専門家と提携をしており、紹介手配することが可能です。

  2. 2

    相談内容に沿った最適な士業を選定・紹介

    「遺産相続ガイド」では、お客様一人ひとりのご相談内容や状況に応じて、必要な手続きを明らかにし、最適な士業を選定・紹介することができます。

  3. 3

    手続きにかかる費用を抑えることができます

    「遺産相続ガイド」では、業務内容ごとに依頼先を精査し、なるべくお客様の総額費用が抑えられるような提案をしています。

  4. 4

    お急ぎの方は最短で翌日面談が可能

    「遺産相続ガイド」では、専門相談員がお客様のご都合にできるだけ沿えるよう面談日を調整しています。お急ぎの方は最短で翌日の面談が可能です。

  5. 5

    オンライン面談ができる

    「遺産相続ガイド」では、コロナウイルスが心配な方のために、オンライン面談も承っています。(対応可能な士業が限られます。詳しくはお問い合わせください。)