相続放棄の手続き費用は?弁護士・司法書士の相場と法テラス

相続放棄の手続きをしようというときに、気になるのが、費用のことでしょう。

相続放棄の手続き費用に関して、次のような質問を受けることがあります。

  • 相続放棄の手続きには、いくらかかるのでしょうか?
  • 自分で手続きをした場合と、専門家に依頼した場合とで、費用はどのくらい違うのでしょうか?
  • 相続放棄の手続きは、自分でもできるものなのでしょうか?自分でする場合のデメリットや注意点は何かあるのでしょうか?
  • どのような場合に専門家に依頼すべきで、どのような場合は自分でしても大丈夫なのでしょうか?
  • 弁護士と司法書士にはどのような違いがあるのでしょうか?費用にも違いがあるのでしょうか?それぞれの相場はいくらぐらいなのでしょうか?
  • 複数人で相続放棄の手続きをする場合は、誰が費用を負担すべきなのでしょうか?
  • 法テラスを利用すると安くなるのでしょうか?誰でも利用できるのでしょうか?デメリットや注意点はあるのでしょうか?

この記事では、以上のような疑問点をすっきりと解消し、安く、手間なく、確実に、相続放棄の手続きをする方法について説明します。

是非、参考にしてください。

[ご注意]
記事は、執筆日時点における法令等に基づき解説されています。
執筆後に法令の改正等があった場合、記事の内容が古くなってしまう場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをお勧めします。

相続放棄に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

相続放棄の手続きは自分ですると安い

相続放棄の手続きは、自分でする方法と、専門家(弁護士又は司法書士)に依頼する方法があります。

自分でする場合は実費のみで済むため、安く済みます。

自分で手続きをした場合の費用(実費)

自分で手続きをした場合の費用は、2千~5千円程度です。

内訳としては、概ね以下のようになります。

  • 収入印紙:800
  • 家庭裁判所からの連絡用の郵便切手代: 376円(東京家庭裁判所本庁の場合)
  • 戸籍謄本等の交付手数料:450円~
  • 被相続人の住民票除票又は戸籍附票の交付手数料:300円(役所によって異なる場合がある)
  • 交通費又は郵送費

郵便切手代は手続きをする家庭裁判所によって多少異なります。正確な金額を知りたい場合は手続きをする家庭裁判所にお尋ねください。

戸籍謄本等については、ケースによって必要になる戸籍謄本等が異なり、戸籍謄本は1450円、除籍謄本及び改製原戸籍は1750円の交付手数料がかかります。ケースごとに必要になる戸籍謄本等については「相続放棄の必要書類とその集め方をケースごとにわかりやすく説明」をご参照ください。

手続きは、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所の窓口か、郵送で行います。窓口に行って手続きする場合は家庭裁判所までの交通費が、郵送する場合はその費用がかかります。

弁護士・司法書士に依頼した場合の費用の相場

弁護士又は司法書士に依頼した場合の費用について説明します。

弁護士はある程度パッケージされたプランになっているのに対し、司法書士ではプランが3つ程度に分かれていることが多いようです。

司法書士のプラン名は事務所によって異なりますが、ここでは、安い方からライトプラン、ミドルプラン、フルプランと呼ぶことにします。

それぞれのプランのサービス内容は、概ね下の表のようになっているようです(事務所によって多少違いがあります)。

 サービス内容
ライトプラン相続放棄申述書作成サポート
ミドルプラン + 必要書類の取得、手続き代行
フルプラン + 債権者対応

弁護士の場合は司法書士のようにプランを分けていない事務所が多いようですが、基本料金に含まれるサービス内容としては、上の表でいうところミドルプランに該当する事務所が多いようです。

この後に紹介する各事務所の費用を比較すると、弁護士で5万円から、司法書士は4万円(ミドルプラン)からとなっており、弁護士と司法書士の費用の差はあまり大きくないようです。

弁護士費用の具体例

ホームページ等で確認できた弁護士事務所の費用の具体例を3つ紹介します。

なお、当サイトには、ここで紹介する事務所以外にも弁護士事務所が掲載されていますが、他の事務所についてはホームページ等に費用が掲載されていなかったため、必要に応じて電話等で費用をお問い合わせください。

『遺産相続ガイド』のオススメ【弁護士】はコチラ >>

弁護士法人ALG & Associates

弁護士法人ALG & Associatesの費用は次のようになっています。

基本着手金10万円~2人目以降 9万円
特急加算追加20万円~
申述期間徒過加算追加15万円~成功報酬20万円
期間伸長手続加算追加5万円~
海外在住者加算追加20万円~
諸経費3万円(一家族につき)

※複数相続人の請求は、基本着手金と諸経費のみ相続人毎で加算

弁護士法人ALG & Associatesは、以下の各都市に事務所があります。

所在地対応地域電話番号(通話無料)メールフォーム
東京全国0120-435-029こちら
宇都宮栃木県0120-464-026こちら
さいたま埼玉県0120-485-003こちら
千葉千葉県0120-505-168こちら
横浜神奈川県0120-618-029こちら
名古屋岐阜県、静岡県、愛知県、三重県0120-527-045こちら
大阪滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県0120-527-047こちら
神戸兵庫県0120-529-007こちら
姫路兵庫県0120-536-035こちら
福岡山口県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県0120-587-034こちら

30分の初回面談が無料となっているので、気軽に相談してみるとよいでしょう。なお、無料相談は面談のみで、電話での相談は有料となっています。

また、各事務所の詳細は、上の表の所在地名のリンク先ページにて確認できます。

弁護士法人東京新宿法律事務所

弁護士法人東京新宿法律事務所の費用は次のようになっています。

項目費用
着手金5万円
(期間伸長の申立を行った場合は+5万円)
報酬金0円
3カ月経過後 or 争いのある相続放棄は10万円)

弁護士法人東京新宿法律事務所は、東京都新宿区にある法律事務所で、対応地域は、東京都、埼玉県、千葉県及び神奈川県です。

初回相談料は無料で、電話での相談にも応じているため、気軽に相談してみるとよいでしょう。

電話番号は、0120-175-043(通話無料)で、メールでのご連絡は、こちらのメールフォームから可能です。

事務所の詳細については、こちらのページにてご確認ください。

札幌パシフィック法律事務所

札幌パシフィック法律事務所の費用は次のようになっています。

着手金5万円(税別)
成功報酬なし
実費1万円~

なお、同一の被相続人に対する複数相続人の相続放棄の場合は値引きしているとのことです

初回相談料は無料となっており、電話相談にも対応しているようなので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

電話番号は、0120-647-003(通話無料)で、メールでのご連絡は、こちらのメールフォームから可能です。

事務所の詳細については、こちらのページにてご確認ください。

司法書士費用の具体例

ホームページ等で確認できた司法書士事務所の費用の具体例を3つ紹介します。

なお、当サイトには、ここで紹介する事務所以外にも司法書士事務所が掲載されていますが、他の事務所についてはホームページ等に費用が掲載されていなかったため、必要に応じて電話等で費用をお問い合わせください。

『遺産相続ガイド』のオススメ【司法書士】はコチラ >>

司法書士法人ABC

司法書士法人ABCの費用は次のようになっています。

司法書士法人ABCは、大阪市の司法書士事務所で、全国対応となっています。

初回相談料は無料となっており、電話相談にも対応しているようなので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

電話番号は、0120-378-018(通話無料)で、メールでのご連絡は、こちらのメールフォームから可能です。

事務所の詳細については、こちらのページにてご確認ください。

グリーン司法書士法人・行政書士事務所

グリーン司法書士法人・行政書士事務所の費用は次のようになっています。

「死亡の通知」等で相続開始を知った時から3ヶ月以内
申述書作成サポート10,000円
しっかりサポート50,000円
おまかせサポート60,000円

 

死亡を知っており、死亡日から3ヶ月経過後に相続放棄をする場合
作成サポート20,000円
3ヶ月越え総合サポート65,000円〜

加算費用は以下のとおりです。

手続内容税別費用
至急申立て加算期限まで20日以内の場合に加算されます。20,000円/全員分
期間伸長手続相続、相続放棄を検討する期間の伸長を申立てます。しっかりサポートプランの価格に準ずる

グリーン司法書士法人・行政書士事務所は、大阪市の司法書士事務所で、対応地域は滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県及び和歌山県となっています。

初回相談料は無料となっているので気軽に相談してみるとよいでしょう。

電話番号は、0120-199-038(通話無料)で、メールでのご連絡は、こちらのメールフォームから可能です。

事務所の詳細については、こちらのページにてご確認ください。

司法書士法人こうの事務所

司法書士法人こうの事務所の費用は次のようになっています。

項目ライトプランミドルプランフルプラン
無料相談初回初回何度でも
戸籍収集×
相続放棄申述書作成
書類提出代行×
照会書への回答作成支援×
受理証明書の取り寄せ××
債権者とのやり取りを代行××
債権者への通知サービス××
親戚への相続放棄「まごころ」通知サービス
パック特別料金20,000円~40,000円~50,000円~

※ 料金は、相続放棄1名様あたりの金額となります。

※ ライトプラン、ミドルプランの「無料相談」は、2回目以降、相談料5,000円が発生します。

3ヶ月期限を超えた場合は70,000円~(提供サービスは、上記フルプランパックと同じものとなります)。

司法書士法人こうのは、甲府市の司法書士事務所で、対応地域は山梨県となっています。

初回相談料は無料となっており、電話相談にも対応しているようなので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

電話番号は、0120-378-040(通話無料)で、メールでのご連絡は、こちらのメールフォームから可能です。

事務所の詳細については、こちらのページにてご確認ください。

自分で手続きをするリスク

自分で手続きをすると、費用を節約できますが、次のような失敗例があります。

  • 手続きの方法を調べたり、必要書類を準備したり、書類の不備等によって再提出が必要になったりしているうちに、相続放棄の期限(相続の開始があったことを知った時から3か月)を過ぎてしまい、相続放棄ができなくなった
  • 必要書類を取得するための役所も、裁判所も平日の日中しか開いていないため、仕事に支障をきたしてしまった
  • 平日の日中も対応できるので自分でやろうと思ったが、想像していたよりも書類の収集方法や書き方が難しく分からないことだらけで、ストレスで体調を崩し、結局、専門家に依頼することになった
  • 法定単純承認の知識がなかったため、手続き前に遺産の一部をうっかり処分してしまい、相続放棄ができなくなった
  • 亡くなった人の借金の取り立てがしつこく、相続放棄が受理されるまでの間に気が滅入ってしまった。また、あまりにしつこいため、遺産から支払ったら、相続を承認したことになって相続放棄できなくなってしまった

このようなことにならないように、次のいずれかに該当する方は、専門家に依頼することをお勧めします。

  • 仕事で忙しい方
  • 裁判所の手続きに慣れていない方
  • 債権者から督促状が届いたり、取り立てがあった方
  • 法定単純承認の制度を十分に理解できていない方
  • 相続開始から2か月以上経ってしまっている方

相続放棄の手続きを依頼するなら、弁護士?司法書士?

それでは、相続放棄の手続きを依頼するなら、弁護士と司法書士のどちらがよいのでしょうか?

それぞれのメリットについて説明します。

司法書士ではなく弁護士に依頼するメリット

相続放棄の手続きを、司法書士ではなく、弁護士に依頼するメリットとして、次のような点が挙げられます。

  • 相続放棄をすべきかどうかについても相談できる
  • 受理の可能性が高まる
  • 手間がかからない
  • 相続債権者が相続放棄の無効を主張してきた場合にも対応できる

以下、それぞれについて説明します。

相続放棄をすべきかどうかについても相談できる

相続債務に法外な金利が設定されていて過払い金が生じていたとか、交渉などで借金額を減額できる場合、結果として相続放棄をする必要がない場合もありますが、弁護士には、相続放棄をすべきかどうかということも含めて相談できます。

また、弁護士は、亡くなった人の財産について、弁護士会を通じて金融機関や行政機関等に対して情報開示を求める「弁護士会照会」(23条照会)が可能なので、相続放棄をするかどうかの判断材料となる相続財産調査を精度高く行うことができます。

受理の可能性が高まる

相続放棄の手続きは、家庭裁判所で行います。

家庭裁判所が問題ないと判断すれば受理されますが、亡くなってから3か月以上が経っていたり、相続財産を処分してしまっていたりなど、相続を承認したとみなされる可能性のある事情が存在する場合は、受理されないこともあります。

家庭裁判所に提出する書類の記載内容などによって受理するかどうかを判断されるため、受理されないかもしれないような事情がある場合は、弁護士が記載内容を工夫することによって、受理の可能性を高めることができます。

手間がかからない

相続放棄の手続きは、まず、家庭裁判所に申述書と添付書類等を提出します。

そうすると、家庭裁判所から照会書が郵送されてくるので、照会書に記入して返送します。

稀に、家庭裁判所から出頭要請があることもあります。

弁護士に依頼すると、申述書の作成や添付書類を収集する手間が省けますし、照会書も弁護士の方に送られてくるので(本人に送られてくる場合もあるので、その場合は弁護士に転送します)、弁護士が記入して返送してくれます。

また、出頭要請がある場合も、家庭裁判所から弁護士に直接連絡がいき、弁護士が出頭してくれるので、取り次ぐ手間すらかかりません。

司法書士の場合は、相続放棄照会書・回答書は、必ず本人に届きます(司法書士に届くことはありません)。

また、相続放棄照会書・回答書は、弁護士なら本人を代理して記入することができますが、司法書士は本人を代理して記入することはできません(相続放棄申述書は司法書士が作成を代行することができますが、照会書・回答書については司法書士が作成を代行することはできないことにご注意ください。)。

司法書士に相続放棄申述受理申立の代行を委任した場合は、照会書・回答書については、司法書士に文案を作成してもらい、それを本人が自書することになるでしょう。

つまり、相続放棄の手続きは、司法書士よりも弁護士に頼んだ方が、手間がかからないということになります。

相続債権者が相続放棄の無効を主張してきた場合にも対応できる

相続放棄が受理された後、相続債権者(亡くなった人の債権者)が、相続放棄の無効を主張して、相続債務の弁済を求めてくることがあります。

そのような場合にも、弁護士に対応を依頼することができます(費用は別途必要)。

弁護士でなく司法書士に依頼するメリット

前述の事務所ごとの料金からわかるとおり、弁護士でなく司法書士に依頼するメリットは、費用が安いことが多い点です。

費用を重視したい場合は、司法書士に分がありますが、弁護士でも安く対応してくれる事務所はあります。

しかし、亡くなってから3か月以上が経っていたり、相続財産を処分してしまっていたりなど、相続を承認したとみなされる可能性のある事情が存在する場合は、相続放棄が受理されなかったり、受理されたとしても債権者等から無効主張されることもあるため、慎重に対応する必要があり、このような事情のある場合は特に、費用だけで専門家を選ぶべきではありません。

弁護士・司法書士の費用は誰が払う?

複数の相続人が相続放棄をする場合は、まとめて同じ専門家に依頼した方が、一人当たりの費用が安くなることが多いです。

複数人で依頼した場合、弁護士・司法書士の費用は誰が払うべきでしょうか?

この点、決まりは特になく、誰かが他の人の分を負担しても構いませんが、割り勘が平等でよいのではないかと思います。

法テラスの相続放棄の手続き費用

法テラスでは、収入と資産の額が基準以下の方を対象に、弁護士・司法書士の費用の立替えをしています。

弁護士・司法書士の費用を一括で支払うことが難しい方は、法テラスを利用するとよいでしょう(なお、法テラスを利用しなくても分割払いができる事務所もあるので、そういった事務所を探してもよいでしょう)。

なお、法テラスを利用した場合の相続放棄手続きの費用・料金は決まっているわけではありませんが、目安としては、実費として10,000円、着手金として33,000円、合計43,000円程度が必要となり、複数名が同時に相続放棄をする場合には、追加の費用がかかります。

ただし、収入や資産が多い方は法テラスを利用できません。

利用基準については、法テラスのウェブサイトのこちらのページでご確認ください。

なお、利用基準を満たす場合は、法テラスを利用できますが、以下のような注意点を考慮のうえ、利用するかどうかを決めるとよいでしょう。

  • 審査が通るまでに時間がかかる
  • 専門家を自由に選べない
  • 経験の浅い専門家が多い

それぞれの点について説明します。

審査が通るまでに時間がかかる

法テラスを通じて弁護士や司法書士に依頼する場合、必要書類を取り揃え、審査を経て、契約を締結して、ようやく手続きを進めてもらうというながれになります。

審査には、2週間以上かかることもあります。

相続放棄の期限(相続の開始を知った時から3か月)が迫っている場合は、間に合わなくなるおそれがあります。

専門家を自由に選べない

すべての弁護士・司法書士が法テラスと契約をしているわけでなく、むしろ法テラスと契約している弁護士・司法書士は少数派ですので、専門家を自由に選ぶことはできません。

法テラス経由の依頼は料金が安くなるため、法テラス経由でなくても十分な数の依頼がある専門家は、法テラスと契約していないことが多いのです。

経験の浅い専門家が多い

法テラス経由で依頼できる専門家は、法テラスのスタッフとして働いている専門家と、法テラスと契約している外部の専門家がいます。

法テラスのスタッフとして働いている専門家は、経験の比較的浅い若手が多いです。

まとめ

以上、相続放棄の手続き費用について説明しました。

自分で手続きをすると費用は安くなりますが、相続放棄ができなくなってしまったり、手続きが負担になって仕事や生活に支障をきたしてしまったり、ストレスで体調を崩してしまったり、債権者からの取り立てに負担になるケースもあります。

最終的に自分でやることを諦めて、結局、専門家に依頼することになるケースも少なくありません。

二度手間にならないように、まずは、専門家に相談してみて、自分でできそうかどうかを考えてみるとよいでしょう。

相続放棄に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

SNSで記事をシェアする