相続税納付書の書き方・記載例・入手方法等についてわかりやすく説明

相続税の納付の際には、納付書が必要です。

この記事では、相続税の納付書の書き方や記載例、それから入手方法等について、わかりやすく説明します。

是非、参考にしてください。

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ
「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

[ご注意]
記事は、公開日時点における法令等に基づいています。
公開日以降の法令の改正等により、記事の内容が現状にそぐわなくなっている場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。

相続税納付書はどこでもらえる?入手方法は?

相続税の納付書は、全国の税務署で入手できます。

相続税の申告は、被相続人(亡くなった人)の最後の住所地を管轄する税務署で行いますが、納付書はどこの税務署で入手しても構いません。

ただし、申告先の税務署と異なる税務署で納付書を入手する場合は、納付書の「税務署名」欄に、その税務署名が印刷されているものもあるので、税務署名が印刷されていないものをもらいましょう。

納付書は、相続人ごとに記入しなければなりませんので、他の相続人の分も含めて納付書を受け取る場合は、必要な人数分以上の納付書をもらいましょう。

書き損じに備えて余分にもらっておくとよいでしょう。

複写式になっており書き損じを訂正することはできないので、書き損じをしてしまった場合は、別の用紙に書き直さなければなりません。

相続税納付書の書き方・記載例

相続税の納付書は、相続人ごとに記入します。

3枚複写式になっているので、ある程度の筆圧が必要です。

納付書の見本は以下のとおりです。

赤枠と番号は説明のために、こちらで付けたものです。

以下、それぞれの項目について、書き方を説明し、記載例を紹介します。

【1】年度

納付日が属する会計年度を記載します。

官公庁の会計年度は、毎年、41日に始まり、331日に終わります。

納付日が平成3141日~令和2331日の場合は、平成31年度なので、「31」と記載します。

納付日が令和241日~令和3331日の場合は、令和2年度なので、「02」と記載します。

【2】税目番号

相続税の税目番号は「050」です。

【3】税務署名

税務署名には、被相続人の最後の住所地を管轄する税務署の名称を記載します。

管轄する税務署名は、国税庁ウェブサイトの「税務署の所在地などを知りたい方」のページで調べられます。

なお、税務署名欄の右隣の税務署番号欄は無記入で構いません。

【4】本税

その人の相続税の税額(相続人全員の合計額ではありません)を記載します。

本税欄に記載する金額は、相続税申告書第1表のNo.28「申告期限までに納付すべき税額」に記載した金額と同額になります。

「¥」マークは不要です。

本税欄の下の重加算税・加算税・利子税・延滞税の欄は空欄にしておきます(修正申告の場合も空欄です)。

【5】合計額

合計額欄には、本税欄と同じ金額を記載します。

数字の左に「¥」マークが必要です。

【6】納期等の区分

(自)の欄には、相続開始日(通常は、被相続人の死亡日)を記載します。

相続開始日が平成31430日の場合は、「310430」と記載します。

令和元年51日の場合は、「010501」と記載します。

(至)の欄には、何も記載しません。

【7】申告区分

申告期限内に申告する場合は、確定申告の「4」を「○」で囲みます。

【8】住所     

次のように、被相続人の住所を上に、相続人の住所を下に2段で記載します。

被相続人:○○県○○市○○町○丁目○-○-○

相続人:××県××市××町×丁目×-×-×

電話番号欄には、相続人の電話番号を記載します(携帯電話の番号でも構いません)。

【9】氏名(法人名)

住所と同様に、被相続人の氏名を上に、相続人の氏名を下に2段で記載します。

被相続人:○山 ○男

相続人:○川 ○子

フリガナ欄には、相続人の振り仮名を記載します。

【10】税目

「相続」と記載します。

既に印刷されている場合もあります。

相続税の納付書の提出先

納付書は、被相続人の最後の住所地を管轄する税務署か、銀行や郵便局等の金融機関の窓口(ATM不可)に提出します。

相続税の納付方法

現金またはクレジットカードで納付することができます。

現金で納付する場合は、納付書の提出時に現金を持参して納付します。

クレジットカードで納付する場合は、国税庁ウェブサイトの「[手続名]クレジットカード納付の手続」ページをご参照ください。

クレジットカードで納付する場合は、1万円につき76円(税抜)の手数料がかかります。

利用金額に応じてポイントが付与されるタイプのクレジットカードの場合、納税に利用した場合もポイントが付与されることが多いようですが、正確な情報はクレジットカードの発行会社にご確認ください。

相続税の納付期限

相続税の納付期限は、相続の開始を知った日の翌日から10か月以内です。

申告期限と納付期限は同じですが、申告と納付は同時でなくても構いません。

申告して後日納付しても、納付して後日申告しても、問題ありません。

ただし、申告も納付も期限内に済ませなければなりません。

まとめ

以上、相続税の納付書について説明しました。

相続税の申告や納付について不明な点は、早めに税理士等の相談しておきましょう。

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ
「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

の専門家無料紹介のご案内

年間相談件数23,000件以上!
※ 2020年4月~2021年3月実績

相続って何を
するのかわからない

実家の不動産相続の
相談がしたい

仕事があるので
土日しか動けない

誰に相談したら
いいかわからない

費用について
不安がある

仕事が休みの土日に
相談したい

「相続手続」でお悩みの方は
専門家への無料相談がおすすめです
(行政書士や税理士など)

  • STEP1

    お問い合わせ

    専門相談員が無料で
    親身にお話を伺います
    (電話 or メール)

  • STEP2

    専門家との
    無料面談を予約

    オンライン面談
    お電話でのご相談
    も可能です

  • STEP3

    無料面談で
    お悩みを相談

    面倒な手続きも
    お任せください

SNSで記事をシェアする

相続税に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

北陸・甲信越

遺産相続ガイドお客さまセンター

相続・遺言の専門家探しを
遺産相続ガイドが
無料サポート!

▼専門スタッフに電話相談(無料)

phone

0120-919-259

無料通話 平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時


▼メール相談 24時間受付中(無料)

「遺産相続ガイド」に依頼するメリット

  1. 1

    全国の“相続に強い専門家”を紹介

    「遺産相続ガイド」では、行政書士・司法書士・税理士などの士業の中でも、特に相続分野に強い専門家と提携をしており、紹介手配することが可能です。

  2. 2

    相談内容に沿った最適な士業を選定・紹介

    「遺産相続ガイド」では、お客様一人ひとりのご相談内容や状況に応じて、必要な手続きを明らかにし、最適な士業を選定・紹介することができます。

  3. 3

    手続きにかかる費用を抑えることができます

    「遺産相続ガイド」では、業務内容ごとに依頼先を精査し、なるべくお客様の総額費用が抑えられるような提案をしています。

  4. 4

    お急ぎの方は最短で翌日面談が可能

    「遺産相続ガイド」では、専門相談員がお客様のご都合にできるだけ沿えるよう面談日を調整しています。お急ぎの方は最短で翌日の面談が可能です。

  5. 5

    オンライン面談ができる

    「遺産相続ガイド」では、コロナウイルスが心配な方のために、オンライン面談も承っています。(対応可能な士業が限られます。詳しくはお問い合わせください。)

double_arrow