財産評価基本通達とは?相続税計算の基礎となる財産評価基準

財産評価基本通達とは?相続税計算の基礎となる財産評価基準

相続について調べていくと、「財産評価基本通達」という言葉にぶつかることがあります。

これは、相続税や贈与税の課税価格計算の基礎となる財産の評価に関する基本的な取扱いを定めた通達のことです。国税庁のホームページから閲覧することができます。

財産評価基本通達には多くの項目があるので、一般の方が正しく理解するのは難しいかもしれません。そのような場合は、税理士などの専門家に依頼するのもおすすめです。

この記事では、財産評価基本通達について詳しく解説します。

[ご注意]
記事は、公開日(2020年12月1日)時点における法令等に基づいています。
公開日以降の法令の改正等により、記事の内容が現状にそぐわなくなっている場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。

財産評価基本通達とは?

財産評価基本通達とは、相続税及び贈与税の課税価格計算の基礎となる財産の評価に関する基本的な取扱いを定めた通達のことです。

財産評価基本通達は、国税庁長官から国税局長及び沖縄国税事務所長に対して出されたものですが、納税者も、基本的にはこれに則って財産を評価することとなります。

財産評価基本通達の内容はどこで確認できる?

財産評価基本通達の内容は、国税庁ウェブサイトのこちらのページから確認できます。

財産評価基本通達は、200以上の項目に分かれています。

財産評価基本通達の改正

財産評価基本通達は頻繁に一部改正が行われます。

これまでの一部改正の履歴は、国税庁ウェブサイトのこちらのページで確認できます。

課税時期における通達に則って財産を評価しなければならないことにご留意ください。

相続税の課税時期は「相続による財産取得時」(通常は被相続人の死亡時)、贈与税の課税時期は「贈与による財産取得時」です。

財産評価基本通達の理解が難しい場合

税理士でも財産評価基本通達の記載内容だけを頼りに財産を正確に評価することは難しいです。

税理士は専門書等で勉強して財産評価基本通達の内容を理解します。

一般の方が分厚い専門書を読み込んで内容を理解することは極めて難しいでしょうし、たとえできたとしても相続税申告の機会が人生で一度か二度しかないであろうことに鑑みると合理的な選択とはとても言えないでしょう。

相続税の計算において財産評価はとても重要で、高く評価してしまうと相続税が高くなってしまい、低く評価してしまうと税務調査で指摘を受け加算税や延滞税をとられるリスクがあります。


現金や預貯金以外に財産がある場合は、相続税申告を相続税に強い税理士に依頼することをお勧めします。

まとめ

以上、財産評価基本通達について説明しました。

相続財産の評価については、関連記事もご参照ください。

のご相談
まずは
STEP1お問い合わせ
お客様に合う専門家をご紹介
STEP2無料相談
専門家が無料でアドバイス
STEP3お申し込み
お見積りをご確認の上お申込み

参考価格

*参考価格は「遺産相続弁護士ガイド」がご案内した行政書士に依頼した場合の目安の料金です。
相続のことなら
「遺産相続弁護士ガイド」に
ご相談ください

この記事を書いた人

株式会社鎌倉新書 いい相続

相続専門のポータルサイト「いい相続」は、相続でお悩みの方に、全国の税理士・行政書士など相続に強い、経験豊富な専門家をお引き合わせするサービスです。
「遺産相続弁護士ガイド」では、遺産分割や相続手続に関する役立つ情報を「いい相続」編集スタッフがお届けしています。また「いい相続」では、相続に関連する有資格者の皆様に、監修のご協力をいただいています。
▶ いい相続とは
▶ 監修者紹介 | いい相続

ご希望の地域の専門家を探す

関連記事

double_arrow