代償分割とは?メリット・デメリットや相続税について詳しく解説

代償分割

相続財産のなかでも不動産は分割しにくいため、遺産相続協議がスムーズに進まないことが多いようです。

遺産分割協議によって今後の関係が悪化したり、疎遠になるケースも…。このような事態を避けるために「代償分割」という分割方法をおすすめします。

代償分割は、相続人の一人がある相続財産を相続する代わりに、他の相続人に金銭(これを代償金といいます)または代償財産を支払うという合意をすることです。

例えば、自宅を長男が相続する代わりに他の兄弟に代償金を払う、といったパターンです。

この記事では、代償分割について詳しく解説するとともに、代償分割にかかる税金についても解説していきます。

親・祖父母の生前に贈与を…とお考えの方などは是非、参考にしてください。

節税対策でお悩みの方へ

相続対策に詳しい
士業との無料面談実施中

「遺産相続ガイド」では、お客様一人ひとりのご状況を丁寧にヒアリングし、状況別に適切な士業の先生を無料でご紹介しています。士業の先生に相談すれば、

  • 不動産の分割方法がわかる
  • 相続財産に適した節税対策ができる
  • 相続税申告などの税務業務を代行できる

まずはお電話、または無料相談フォームからお気軽にご相談ください。

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ
「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

[ご注意]
記事は、公開日時点における法令等に基づいています。
公開日以降の法令の改正等により、記事の内容が現状にそぐわなくなっている場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。

代償分割とは?

代償分割とは遺産分割における分割方法の一つです。

相続人の一人がある相続財産を相続する代わりに、他の相続人に金銭(これを代償金といいます)または代償財産を支払うという合意をするのが代償分割です。

分割方法には、代償分割の以外に、相続財産をそのまま分割する現物分割や、相続財産を売却してその売却金を分割する換価分割があります。

遺産分割で代償分割をおすすめするケース

代償分割は、遺産が分けにくいような場合に適しています。

例えば、遺産の大部分が不動産の場合、不動産を共有にすると、後で売却するかどうか等の点について相続人の間で揉める可能性があるため、それを避けるために、相続人の一人が相続する代わりに、他の相続人には代償金を支払うというような場合です。

具体的には以下のようなケースが考えられます。

唯一の遺産が自宅しかなく、相続人が複数いるために分割しにくい
解決法:自宅を相続する相続人が他の相続人に代償金を支払う
遺産が預金(2,000万)と賃貸用不動産(時価1億円相当)で相続人が3人いるため、賃貸用不動産を分割するのが難しい
解決法:相続人の1人が賃貸用不動産を相続し、他の2人に代償金を支払う
被相続人が事業を営んでいたため遺産の大部分が事業用の不動産であり、相続人が複数人いるところ、事業用の不動産は事業を引き継ぐ相続人が単独で相続したい
解決法:事業を引き継ぐ相続人が事業用不動産を相続し、他の相続人に代償金を支払う
遺産が預金(3,000万円)と自社株(1億円相当)で、相続人が2人いるが、自社株は経営を引き継ぐ相続人が単独で相続したい
解決法:自社の経営を承継する相続人が自社株を、もう1人の相続人が預金を相続し、自社株を相続した相続人がもう1人の相続人に代償金を支払う

このように、代償分割は、遺産において、分割しやすい財産である現金や預金の割合が少なく、分割しにくい財産の割合が大きいときに利用されるケースが多いと言えます。

代償分割の遺産分割協議書への記載方法

代償分割を行いたい場合には、遺産分割協議書において、その旨を記載する必要があります。遺産分割協議書全般については、こちらの記事をご覧ください。

まず、遺産をどの相続人が相続するかについては、通常通り記載します。

(例)

  1. 相続人Aは、下記の不動産を相続する。

・・・・・・・・・・・・・・・・

  1. 相続人Bは、下記の預貯金を相続する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、代償金の支払いについて記載します。

(例)

  1. 相続人Aは、第1項記載の不動産を相続する代わりに、代償金として、相続人Bに対し、金○○○万円を支払う。

このように、遺産分割協議書において、代償金について記載をするのは、万が一その約束が守られなかったときに備えておくという目的に加え、代償金の支払いが贈与とみなされて贈与税がかかってしまうのを防ぐためという目的があります(代償分割を行った際の税金については下記「代償分割と税」を参照して下さい)。

遺産分割協議書のひな形は、こちらからダウンロードしてご利用ください。

代償分割のメリット・デメリット

代償分割には以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

代償分割は、分割しにくい財産がある場合にも、相続人間の公平を維持しながら遺産分割を行うことができます

また、不動産を無理に共有状態にしてしまうと、後々にその利用方法や処分について共有者間で意見が対立して揉めてしまうことがあるため、そのような紛争を未然に防ぐことができるというメリットがあります。

また、不動産を一人の相続人が相続することで小規模宅地の特例を利用できたり、不動産を売却してその売却金を分割する換価分割に比べると相続税が低額で済んだりする場合が多いという税金上のメリットもあります。

デメリット

代償分割は、不動産等の分割しにくい遺産を相続した相続人が他の相続人に代償金を支払うことが前提となっています。

そして、その代償金は、遺産の中からではなく、相続人自身の財産から支払う必要があります。そのため、相続人に支払能力がないときには、代償分割は向いていません。

なお、すぐに代償金を支払うことができない場合は、代償金を将来支払うという合意をすることもできますが、その合意が必ず守られるとは限らないため、将来いらぬ紛争を生じさせてしまう可能性があるので注意が必要です。

また代償分割は、分割しにくい遺産の価値を評価して、その遺産を相続しない代わりに代償金を受け取るものです。

そのため相続人間でその遺産の評価が分かれているような場合には向いていません。

これらのメリット・デメリットだけでなく、相続手続きは理解の難しい仕組みや制度がたくさんあります。正しく、そして不利益が出ないようにするために、ぜひ専門家に相談してみることをご検討ください。

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ
「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

代償分割にかかる税金

代償分割であることを遺産分割協議書に記載する

遺産分割において代償分割を行ったときは、前述の通り、遺産分割協議書にその旨を記載しておく必要があります

代償分割においては、相続人間で代償金の受け渡しが行われますが、その金銭の受け渡しが贈与と認定されて贈与税が課税されないようにするためです。

代償分割を代償金ではなく不動産等で行う場合

代償分割において、遺産の代わりに他の相続人に渡すものは、必ずしも金銭でなくても、相続人が所有している他の不動産等の財産でも構いません。

ただ、代償金の支払いの代わりに不動産を譲渡した場合には、不動産を売却してその売却金で代償金を支払ったと評価されるため、不動産を譲渡した側の相続人に、相続税とは別に譲渡所得税が発生する点に注意が必要です。

代償分割をした際の相続税申告書の記載方法

代償分割を行った際には、相続税申告書において、その旨を記載する必要があります。まず、第11表の「相続税がかかる財産の明細書」に記載する必要があります。

この表は、相続税の対象となる全ての財産の明細を記載する表で、通常は遺産のみを記載しますが、代償分割を行った場合は、代償財産としてプラスとマイナスの2段で記載し、プラスの方には代償金を受け取った相続人の氏名を、マイナスの方には代償金を支払った相続人の氏名を記載します。

代償金1,000万円を受け取った場合(受取人〇〇花子、支払人〇〇太郎)の第11表の記載例

種類 細目 利用区分、銘柄等 所在場所等 数量 単価 価額 取得した人の氏名 取得財産の価額
代償財産 現金   10,000,000
△10,000,000
〇〇花子
〇〇太郎
  10,000,000
△10,000,000

また、第15表の相続財産の種類別価額表」にも代償金の額を記載する必要があります。

これは、相続人毎に作成する表で、代償金を受け取った相続人の表の「その他財産」の欄(26欄)に、本来遺産として取得した財産と分けて、受け取った代償金の額を記載する必要があります(通常は2段に分けて記載します)。なお、各人の合計欄はどの相続人も0円となります。

代償金を受け取った相続人の第15表の記載例

種類 細目 番号 各人の合計 (氏名)相続人の氏名
その他の財産 生命保険金 23
退職手当金等 24
立木 25
その他 26 ○○○○○円
0円
○○○○○円
10,000,000円
27

※26欄の上段には、代償金以外の「その他の財産」の額を記載し、26欄の下段には、受け取った代償金の額を記載します。

代償分割における生命保険の活用

代償分割を円滑に行うためには、分割しにくい遺産を受け取る相続人に代償金の支払能力があることが求められます。

しかし、なかなかまとまった現金を用意するのは難しいというのも事実です。

そこで、遺産の中に分割しにくい財産がある場合には、被相続人が生前に生命保険に加入しておき、その受取人を、分割しにくい財産を相続する相続人に指定しておく、という方法があります。

生命保険金は相続財産とはならないことから、相続税もかかりませんし、遺産分割とは関係なく受取人が受け取ることが可能であるため、これを代償金として利用するのに適しているのです。

代償分割に関するよくある疑問

代償金の決め方はどうすればよいか

代償分割における代償金の額は、基本的には、相続人間の話し合いによって決められます。

そして、その額を決める際に最も重要なものは、分割しにくい遺産の評価額です。

例えば、遺産が自宅の土地と建物だけで、相続人が2人いる場合(法定相続分は2分の1ずつとします)に、自宅の土地と建物の評価額が1億円であれば、その2分の1である5,000万円をベースに代償金の額が話し合われます。

ただ、自宅の評価について相続人間で争いの無い場合はよいのですが、1人の相続人は1億円と評価しているのに、もう1人の相続人は1億2,000万円と評価しているような場合には、その2分の1相当額に差が出てくるので、代償金の額に直接影響が出てきます。

そのため、分割しにくい遺産をどのように評価するかがポイントとなってきます。

なお、相続人間で代償金の額が合意できず遺産分割協議自体が成立しない場合には、家庭裁判所における調停や審判を利用する方法もあります。

ただ、家庭裁判所においては、まず現物分割を検討し、それができない場合に限り代償分割を検討するという方法を採用しているという点に注意が必要です。

代償金を分割払いにすることはできるか

代償金は、必ずしも遺産分割協議の際に一括で支払う必要はなく、分割払いにすることも可能です。

ただ、将来、分割払いの約束が守られなくなってしまった場合であっても、遺産分割協議自体が無効になるわけではありません。そのため、結局、分割しにくい遺産を相続せずに代償金の受け取りを選んだ相続人が、必ず代償金を全額受けることができるとは限らないので、注意が必要です。

代償分割と換価分割の違い

換価分割は、遺産である不動産を売却して、その売却金を相続人間で分割する方法です。代償分割と換価分割の違いは、相続の時点で不動産を売却するかどうかという点にあります。

この点、税務上の観点からは、代償分割の方が税金の負担が少なくてすむ場合が多いと言えます。

なぜなら、換価分割の場合は、実際の売却代金によっては、相続税に加え、譲渡所得税を支払わなければならない可能性があるからです。

ただ、代償分割の場合であっても、不動産を相続した方が3年以内にその不動産を売却する場合には、換価分割を選んだ方が相続税が低くなる可能性があります

相続した不動産を3年以内に売却した場合、譲渡所得税の計算において、支払った相続税額を取得費として計上できるところ、代償分割では、その不動産を取得した相続人が支払った相続税額しか計上できないのに対し、換価分割では、他の相続人が支払った相続税額も取得費として計上することができるからです。

の専門家無料紹介のご案内

年間相談件数23,000件以上!
※ 2020年4月~2021年3月実績

相続って何を
するのかわからない

実家の不動産相続の
相談がしたい

仕事があるので
土日しか動けない

誰に相談したら
いいかわからない

費用について
不安がある

仕事が休みの土日に
相談したい

「相続手続」でお悩みの方は
専門家への無料相談がおすすめです
(行政書士や税理士など)

  • STEP1

    お問い合わせ

    専門相談員が無料で
    親身にお話を伺います
    (電話 or メール)

  • STEP2

    専門家との
    無料面談を予約

    オンライン面談
    お電話でのご相談
    も可能です

  • STEP3

    無料面談で
    お悩みを相談

    面倒な手続きも
    お任せください

SNSで記事をシェアする

遺産分割に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

北陸・甲信越

遺産相続ガイドお客さまセンター

相続・遺言の専門家探しを
遺産相続ガイドが
無料サポート!

▼専門スタッフに電話相談(無料)

phone

0120-919-259

無料通話 平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時


▼メール相談 24時間受付中(無料)

「遺産相続ガイド」に依頼するメリット

  1. 1

    全国の“相続に強い専門家”を紹介

    「遺産相続ガイド」では、行政書士・司法書士・税理士などの士業の中でも、特に相続分野に強い専門家と提携をしており、紹介手配することが可能です。

  2. 2

    相談内容に沿った最適な士業を選定・紹介

    「遺産相続ガイド」では、お客様一人ひとりのご相談内容や状況に応じて、必要な手続きを明らかにし、最適な士業を選定・紹介することができます。

  3. 3

    手続きにかかる費用を抑えることができます

    「遺産相続ガイド」では、業務内容ごとに依頼先を精査し、なるべくお客様の総額費用が抑えられるような提案をしています。

  4. 4

    お急ぎの方は最短で翌日面談が可能

    「遺産相続ガイド」では、専門相談員がお客様のご都合にできるだけ沿えるよう面談日を調整しています。お急ぎの方は最短で翌日の面談が可能です。

  5. 5

    オンライン面談ができる

    「遺産相続ガイド」では、コロナウイルスが心配な方のために、オンライン面談も承っています。(対応可能な士業が限られます。詳しくはお問い合わせください。)

double_arrow