弁護士監修記事

遺産目録(相続財産目録)とは?書き方と記載例、ひな形の書式

遺産分割協議をする前に、どのような遺産が存在するのか、遺産の全容を把握しておかなければなりません。

遺産の一覧を目録にまとめることによって、相続人全員が遺産の全容を把握でき、遺産分割協議をスムーズに進めることができるようになります。

また、遺産目録は、遺産分割調停の申立時にも、必要です。

この記事では、裁判所が作成した遺産目録のひな形の書式を紹介したうえで、書き方や記載例についても説明します。

是非、参考にしてください。

[ご注意]
記事は、執筆日時点における法令等に基づき解説されています。
執筆後に法令の改正等があった場合、記事の内容が古くなってしまう場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをお勧めします。

遺産分割に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

遺産目録とは?

遺産目録とは、遺産の一覧表のことです。

遺産目録を作成する目的

遺産目録を作成する主な目的は、遺産分割協議や遺産分割調停を行うための資料とすることです。

分割後に未分割の遺産の存在が発覚した場合、遺産分割をやり直すことになることもあります。

そのようなことにならないように、始めに遺産を洗い出し目録というかたちにまとめておくと、遺産分割協議をスムーズに進めることができるでしょう。

遺産目録のひな形書式

遺産目録は、オリジナルの書式で作成しても問題ありませんが、裁判所のひな形書式を利用すると、時間の短縮になるでしょう。

裁判所のひな形書式は、遺産の種類ごとに土地、建物、その他(現金、預・貯金、株式等)に分け、さらにそれぞれを、未分割遺産、分割済遺産、特別受益に分けています。

なお、特別受益とは、相続人が複数いる場合に、一部の相続人が、被相続人からの遺贈や贈与によって特別に受けた利益のことです。特別受益があった場合は、特別受益の価額を相続財産の価額に加えて相続分を算定し、その相続分から特別受益の価額を控除して特別受益者の相続分は算定されます。特別受益は遺産ではありませんが、相続分の算定の基礎となるので、遺産と同様に目録にまとめた方が良いでしょう。なお、特別受益について詳しくは「特別受益とは?特別受益によって相続分を減らされないための全知識」をご参照ください。

用紙は、全国の家庭裁判所で入手できるほか、裁判所のウェブサイトからも入手できます。

以下のリンクからダウンロードしてご利用ください。

また、エクセルで自動計算してくれるひな形書式がよい場合は、こちらの京都家庭裁判所のひな形書式を利用するとよいでしょう。

遺産目録の書き方と記載例

遺産目録の書き方と記入例は以下のとおりです。

(引用元:https://www.courts.go.jp/vc-files/courts/file2/2019_isan_rei_729kb.pdf

なお、エクセルの遺産目録を利用する場合は、こちらの記載例を参考にしてください。

まとめ

以上、遺産目録について説明しました。

遺産分割協議については「遺産分割協議を揉めずに有利に進めるために知っておくべきポイント」、遺産分割調停の申立てについては「遺産分割調停申立書の書き方と記載例、ワード書式、必要書類」もご参照ください。

仲の良かった家族でも遺産分割を巡って揉めてしまうケースはよくありますが、そのような場合でも、弁護士に相談したり間に入ってもらうことで、すんなりと話し合いがまとまることが多いです。

弁護士に遺産分割協議の代理を依頼すると、次のようなメリットがあります。

  • 協議を有利に進めることができる
  • 感情的な対立を避けることができる
  • 遺産の全容を把握できる
  • 遺産分割協議書の作成や相続手続きも併せて依頼できる

無料相談を実施している弁護士もいるので、まずは、気軽に電話で問い合わせてみるとよいでしょう。

相続に関する不明点や困り事は
無料相談でスッキリ解決!

『遺産相続ガイド』のオススメの【弁護士】はコチラ ≫

遺産分割に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

SNSで記事をシェアする