検討リスト

検討リストから問い合わせ
      検討済みリストは空です

閲覧履歴

    履歴が登録されていません

検討リスト

検討リストから問い合わせ
      検討済みリストは空です

閲覧履歴

    履歴が登録されていません
電話相談可能

弁護士法人大村綜合法律事務所

長崎県大村市東三城町12-4

長崎県の皆さまの相続をサポート

大村・諫早(県央地域)をはじめ、長崎県全域の皆さまに、安心して利用していただける弁護士事務所を目指しています。

当事務所は、長崎県内の3ヶ所(大村市・佐世保市早岐・西彼杵郡時津町)で弁護士事務所を運営しており、多数の相続・遺言案件のご相談・ご依頼を承っております。

相続人間の対立を激化させたり、長期化させたりすることのないよう相続手続きをサポートいたします。

早めの対処が肝要ですので、まずはお気軽にご相談ください。

料金体系

遺産分割事件

着手金:22万円~(税込)

遺言書作成

手数料:11万円~(税込)

相続放棄

手数料:11万円~22万円(税込)

遺言執行

手数料 基本
  • 300万円以下の部分:33万円(税込)
  • 300万円を超え3000万円以下の部分:2.2%(税込)
  • 3000万円を超え3億円以下の部分:1.1%(税込)
  • 3億円を超える部分:0.55%(税込)

過去の相談事例

遺産分割(依頼者:60代・男性)

【相談内容】

相続人が多数にのぼり、尚且つ、所在不明の相続人もいるために遺産分割を進められない。

【解決】

弁護士の職務上請求により戸籍を収集して相続人を確定し、また、所在不明の相続人については住所を調査した上で文書にて遺産分割案を提示した。

その結果、調停手続き等を利用せず、依頼者に有利な内容で、早期に遺産分割を成立させることができた。

相続放棄(依頼者:30代・女性、20代・男性)

【相談内容】

母親が死亡して約1年が経過した後に、母親名義の自宅の住宅ローン債務約1000万円が残っていることが判明した。

【解決】

依頼者が、母親の住宅ローン債務の存在を知り得なかったために3ヶ月の熟慮期間内に相続放棄の手続きをすることができなかった事情を申述書に詳細に記載したところ、家庭裁判所から相続放棄の申述が受理された。

遺言執行(依頼者:70代・女性)

【相談内容】

長らく音信不通の子どもがおり、その子ども以外の相続人にだけ財産(遺産)を相続させたい。

【解決】

依頼者の意向に沿う形で公正証書遺言を作成した。

当弁護士法人は遺言執行者に指定されていたが、音信不通の子どもについては、遺留分を請求してほしくないとの遺言書の内容を理解され、遺留分を請求されることなく、遺言執行を完了することができた。

事務所概要

事務所名:弁護士法人大村綜合法律事務所
代表弁護士:古市 寛
所属:長崎県弁護士会
設立:平成19年4月法人化

営業時間外09:00-18:00

弁護士法人大村綜合法律事務所
への相談はこちらから

\ 24時間受付中 /

Webで相談

\ 早期解決をご希望の方向け /

050-7586-3993
「遺産相続弁護士ガイド」見たと
お伝え下さい

弁護士法人大村綜合法律事務所の営業日・相談可能日

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

※営業日・相談可能日が変更となる場合もございます。詳細はお問い合わせください。

受付時間

受付時間

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

定休日
土曜日・日曜日・祝日
備考

特長

特長・強み
電話相談可能
対応分野
遺言書 / 遺留分 / 遺産分割 / 生前贈与 / 紛争・争続 / 相続財産調査 / 相続登記 / 相続放棄 / 成年後見 / 相続手続き / 銀行手続き / 戸籍収集 / 事業承継
対応地域
長崎県 佐賀県 福岡県

所属弁護士のご紹介

弁護士渡邉 雅大(わたなべ まさひろ)弁護士

遺産相続の料金表

事務所へのアクセス

住所
長崎県大村市東三城町12-4
最寄り駅
交通手段
JR「大村駅」から徒歩で約5分
「大村I.C」から車で約10分

遺産相続案件の解決事例

CASE01

遺産分割

相談者の属性
60代
男性
相談内容

相続人が多数にのぼり、尚且つ、所在不明の相続人もいるために遺産分割を進められない。

解決内容

弁護士の職務上請求により戸籍を収集して相続人を確定し、また、所在不明の相続人については住所を調査した上で文書にて遺産分割案を提示した。

その結果、調停手続き等を利用せず、依頼者に有利な内容で、早期に遺産分割を成立させることができた。

CASE02

相続放棄

相談者の属性
30代
女性、20代
男性
相談内容

母親が死亡して約1年が経過した後に、母親名義の自宅の住宅ローン債務約1000万円が残っていることが判明した。

解決内容

依頼者が、母親の住宅ローン債務の存在を知り得なかったために3ヶ月の熟慮期間内に相続放棄の手続きをすることができなかった事情を申述書に詳細に記載したところ、家庭裁判所から相続放棄の申述が受理された。

CASE03

遺言執行

相談者の属性
70代
女性
相談内容

長らく音信不通の子どもがおり、その子ども以外の相続人にだけ財産(遺産)を相続させたい。

解決内容

依頼者の意向に沿う形で公正証書遺言を作成した。

当弁護士法人は遺言執行者に指定されていたが、音信不通の子どもについては、遺留分を請求してほしくないとの遺言書の内容を理解され、遺留分を請求されることなく、遺言執行を完了することができた。

初回面談無料の弁護士事務所

土日も相談できる弁護士事務所

この地域で対応可能な弁護士事務所

double_arrow