弁護士監修記事

遺産相続手続き代行サービスの費用相場と評判・口コミの確認方法

身近な人が亡くなって気分が落ち込んでいる時に、相続手続きを進める気には中々ならないかもしれません。

そのような場合は、相続手続き代行サービスを利用することをおすすめします。

この記事では、相続手続き代行サービスの費用の相場と、評判・口コミを確認方法や選び方について説明します。

是非、参考にしてください。

[ご注意]
記事は、執筆日時点における法令等に基づき解説されています。
執筆後に法令の改正等があった場合、記事の内容が古くなってしまう場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをお勧めします。

相続手続に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

遺産相続手続き代行サービスの料金体系と利用する際の注意点

「相続○○センター」というような名称で、たくさんの行政書士や司法書士が、相続手続き代行サービスを提供しています。

相続手続き代行サービス事業者の多くはパッケージプランと個別プランを設定しています。

パッケージプランとは、一定範囲内の手続きを一定料金で代行するものです。

パッケージプランは、遺産総額が大きければ料金が高くなる階段式の料金体系を設定している事業者が多いようです。

パッケージプランでは、「遺産相続手続き全部サポート」、「何から何まで、すべての手続きを代行します」等とうたわれているものの、実際は、手続き内容によっては別途費用が必要となるケースがあるため注意が必要です。

また、パッケージプランに含まれる手続きは事業者ごとに異なるため、パッケージ料金を単純に比較することは無意味です。

個別プランは手続きごとに料金が決まっています。

必要な手続きを把握できていて数が少ない場合は個別プランの方が安くなるでしょう。

また、遺産額が大きい場合も個別プランの方が安くなるでしょう。

遺産相続手続きは誰に頼むべき?

遺産相続手続き代行サービスは、誰に頼むべきでしょうか?

相続○○センター

「相続○○センター」という名称の相続手続き代行サービス事業者が多数あり、名称から公的なサービスと誤解される方が多いのですが、民間の行政書士や司法書士等によって運営されています。

一人で運営していても「センター」と名乗っているケースもあるので、名称に惑わされず、運営主体や代表者がどの資格を持っている人で、どのような手続きを対象としているのかという点を確認しましょう。

司法書士

不動産も含めて相続手続きを依頼したい場合は、司法書士に依頼するとよいでしょう。

また、遺言書の検認の申立てや、相続放棄の申述の手続きも司法書士に依頼することができます(もちろん弁護士でも可能)。

行政書士

不動産がない場合は、行政書士に依頼するとよいでしょう。

行政書士には、預貯金、有価証券、自動車等、不動産以外の相続手続きを依頼することができます。

税理士

税理士には相続税申告や準確定申告(亡くなった年の確定申告)の手続きを依頼することができます。

社会保険労務士

社会保険労務士には、社会保険、国民健康保険、公的年金の手続きを依頼することができます。

弁護士

弁護士は、通常、相続手続き代行にはあまり対応していませんが、遺産分割協議の折衝を依頼した流れで、相続手続きまで依頼できるケースはあります。

また、相続放棄の申述や遺言書の検認の申立ての手続きについては、弁護士に依頼することもできます(司法書士も可能)。

銀行

相続手続きの窓口業務を行っている銀行もありますが、実際の手続きは上記のような有資格者が行うことになります。

銀行を通すと、割高になるケースが多いでしょう。

遺産相続手続き代行サービス事業者の選び方

相続手続き代行サービス事業者を選ぶ際は、次のような点に注意するとよいでしょう。

  • ウェブサイト上の記載内容に不審な点はないか
  • 評判・口コミ
  • 見積もりに含まれる手続きが明確で、後から思わぬ追加費用を求められる可能性はないか
  • 金額が妥当か
  • 問い合わせ時や面談時の印象

以下、それぞれについて説明します。

ウェブサイトの記載内容に不審な点はないか

ウェブサイトで、誤解を招くような表現がある事業者や、実際以上に良く見せようとしている事業者は敬遠した方がよいでしょう。

例えば、市区町村の役所で書類の交付を受ける際、封筒に入れてくれることがありますが、その封筒に広告が掲載されていることがあり、このような役所の広告を活用している相続手続き代行サービス事業者もいます。

広告なので、自治体に広告料を払って掲載してもらっているわけですが、自治体の封筒に掲載されていることをもって、「信頼の証」等とうたっている事業者もいます。

広告料を支払って掲載してもらっていることを知らない一般の人からすると、「信頼の証」等と言われると、役所のお墨付きを得ている信頼のおける事業者であるかのように誤認してしまうことでしょう。

このような表現は、行き過ぎると景品表示法という法律に抵触する可能性もあり、法律の専門家が用いる表現としては適切なものとは言えないため、このような表現を用いている事業者は避けた方が賢明でしょう。

評判・口コミ

事業者のウェブサイトに、利用者アンケートが掲載されていることがあります。

どのアンケートをウェブサイトに掲載するかは事業者の自由なので、良く書いてくれているもののみが掲載されていることが多いでしょう。

時には厳しい意見をくれる利用者もいるでしょうから、そのような自分にとって耳の痛い意見も隠さずに掲載している事業者は信頼できます。

その他の評判・口コミの確認方法としては、Googleマップで確認する方法がありますが、調べてみたところ、現状では、Googleマップには相続手続き代行サービス事業者の評判・口コミはほとんど掲載されていませんでした。

見積もりに含まれる手続きが明確で、後から思わぬ追加費用を求められる可能性はないか

パッケージプランに含まれる手続きは事業者ごとに異なります。

パッケージプランに含まれない手続きがウェブサイト上で明確に記載されている事業を選ぶとよいでしょう。

金額が妥当か

金額が妥当かどうかを確認するため、複数の事業者に見積もりをとって比較するとよいでしょう。

パッケージ料金を単純に比較することは無意味です(パッケージプランに含まれる手続きは事業者ごとに異なるため)。

必要な手続きを洗い出してもらい、パッケージプラン外の手続きの料金も加算した金額で比較しましょう。

問い合わせ時や面談時の印象

多くの事業者は初回無料面談を実施しています。

問い合わせ時や面談時の印象が悪い事業者は避けた方がよいでしょう。

以下のような観点から判断するとよいでしょう。

  • コミュニケーションがとりやすいか
  • 仕事が丁寧そうか
  • 信頼できそうか

遺産相続手続き代行サービスの費用の相場

遺産相続手続き代行サービスの費用の相場は、概ね以下のようになっています。

手続き内容費用の相場
預貯金、有価証券、自動車1件あたり2万~10万円
登記1件あたり6万~15万円
パッケージプラン20万~200万円

※遺産額に応じて変動(平均60万~80万円)

相続税申告20万~30万円

相続税申告については「相続税に強い税理士の選び方と費用の相場、相談から申告までの流れ」をご参照ください。

まとめ

以上、相続手続き代行サービスについて説明しました。

当サイトにも相続手続きの専門家を掲載しています。

相続手続に関する不明点や困り事は
無料相談でスッキリ解決!

『遺産相続ガイド』のオススメの【専門家】はコチラ ≫

相続手続に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

SNSで記事をシェアする