弁護士監修記事

相続財産管理人の弁護士費用(申立報酬と相続財産管理人報酬)

tungsten
遺産相続ガイドでは無料の電話相談を行っています。
相続でお悩みの方は、ぜひ一度、専門家にご相談ください。
※当サイトは東証一部上場・鎌倉新書が運営しています。

相続財産管理人選任申立を行う際に、弁護士費用がどのくらいかかるのか、という点が気になることでしょう。

以下、相続財産管理人に関する弁護士費用について弁護士がわかりやすく丁寧に説明します。

是非、参考にしてください。

[ご注意]
記事は、執筆日時点における法令等に基づき解説されています。
執筆後に法令の改正等があった場合、記事の内容が古くなってしまう場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをお勧めします。

「相続手続」のことなら
にご相談ください !
専門相談員が無料でお話を伺います
「相続手続」のことなら
にご相談ください !

相続財産管理人の弁護士費用には2種類ある

相続財産管理人の弁護士費用には、次の2種類があります。

  • 相続財産管理人選任申立の代理報酬
  • 相続財産管理人の弁護士報酬

以下、それぞれについて説明します。

相続財産管理人選任申立の代理報酬

相続財産管理人が必要な場合、被相続人(亡くなった人)の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に対して、相続財産管理人選任申立を行います。

この申立手続は、次の3つのいずれかの方法を行うことができます。

  • 申立人本人が自ら行う
  • 弁護士が申立人を代理して手続きを行う
  • 司法書士に申立書の作成や添付書類の収集を依頼した上で、申立人本人が申立手続を行う

弁護士や司法書士に依頼した場合は、別途費用がかかりますが、手間なく確実に手続きを進めることができるというメリットがあります。

弁護士と司法書士の違いは、弁護士は申立人を代理して手続きをできるのに対し、司法書士は書類の作成・収集を代行できますが、手続きを代理することはできません。簡単に言うと、弁護士の方が丸投げできるため手間がかからないということです。

報酬については、弁護士の方が司法書士よりも本人の代わりにできるが多いため、その分、多少高くなる傾向があります。

相場としては、弁護士が20万円以上司法書士が10万円~20万円前後のところが多いようです。

弁護士報酬については、200811月に日本弁護士連合会が全国の弁護士に実施したアンケートの結果が参考になると思われるので、紹介します。

このアンケートは、相続財産管理人ではなく、成年後見人選任申立の報酬についてのものですので、必ずしも相続財産管理人選任申立ての報酬が同じ金額になるわけではありませんが、一つの参考にはなるかと思います。

このアンケートによると、成年後見人選任申立の弁護士報酬の分布は下の図表のようになっています。

報酬額 回答数 割合
10万円前後 241 30.7%
20万円前後 330 42.0%
25万円前後 61 7.8%
30万円前後 117 14.9%
50万円前後 12 1.5%
その他 24 3.1%
合計 785  100.0%

20万円前後を中心として、10万円前後から30万円前後まででほとんどあることが分かります。

相続財産管理人の弁護士報酬

相続財産管理人の報酬は、被相続人の親族が選任された場合は報酬がなく、弁護士又は司法書士が選任された場合は、管理の手間や難易度に応じて月額1万円から5万円ぐらいの報酬が、裁判所によって決められることが多いようです。

相続財産管理人の報酬は、相続財産の中から支払われます。

しかし、相続財産の価額が少ない場合は、家庭裁判所は申立人に予納金に納付を命じ、相続財産管理人への報酬は、その予納金から支払われます。

予納金の金額は、管理の手間や難易度等に応じて、数十万円から150万円くらいの金額を裁判所が決めます。

予納金が支払えない場合は、50万円を限度に、日本司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助を受けられる可能性があります。

法テラスの民事法律扶助は、誰でも利用できるわけではなく、収入や資産が少ない方だけが利用できます。

利用基準については、法テラスのウェブサイトのこちらのページでご確認ください。

相続財産管理人候補者について

家庭裁判所は、相続財産管理人を選任する場合、被相続人の親族や、弁護士又は司法書士等の専門家から選任することになりますが、申立人が、家庭裁判所に対して、事前に、相続財産管理人の候補者を推薦することを認めている場合もあります。

相続財産管理人の選任は裁判所が行うため、必ずしも候補者がそのまま選任されるわけではありませんが、推薦を行う場合には、申立人がコミュニケーションの取りやすく信頼のおける人を候補者に据えることをお勧めします。

「相続手続」のことなら
にご相談ください !
専門相談員が無料でお話を伺います
「相続手続」のことなら
にご相談ください !

なお、相続財産管理人について詳しく知りたい方は、「相続財産管理人を選任すべきケースほか相続財産管理人に関する全知識」も併せてご参照ください。

の専門家無料紹介のご案内

年間相談件数23,000件以上!
※ 2020年4月~2021年3月実績

相続って何を
するのかわからない

実家の不動産相続の
相談がしたい

仕事があるので
土日しか動けない

誰に相談したら
いいかわからない

費用について
不安がある

仕事が休みの土日に
相談したい

「相続手続」でお悩みの方は
専門家への無料相談がおすすめです
(行政書士や税理士など)

  • STEP1

    お問い合わせ

    専門相談員が無料で
    親身にお話を伺います
    (電話 or メール)

  • STEP2

    専門家との
    無料面談を予約

    オンライン面談
    お電話でのご相談
    も可能です

  • STEP3

    無料面談で
    お悩みを相談

    面倒な手続きも
    お任せください

SNSで記事をシェアする

遺産分割に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

北陸・甲信越

遺産相続ガイドお客さまセンター

相続・遺言の専門家探しを
遺産相続ガイドが
無料サポート!

▼専門スタッフに電話相談(無料)

phone

0120-992-519

無料通話 平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時


▼メール相談 24時間受付中(無料)

「遺産相続ガイド」に依頼するメリット

  1. 1

    全国の“相続に強い専門家”を紹介

    「遺産相続ガイド」では、行政書士・司法書士・税理士などの士業の中でも、特に相続分野に強い専門家と提携をしており、紹介手配することが可能です。

  2. 2

    相談内容に沿った最適な士業を選定・紹介

    「遺産相続ガイド」では、お客様一人ひとりのご相談内容や状況に応じて、必要な手続きを明らかにし、最適な士業を選定・紹介することができます。

  3. 3

    手続きにかかる費用を抑えることができます

    「遺産相続ガイド」では、業務内容ごとに依頼先を精査し、なるべくお客様の総額費用が抑えられるような提案をしています。

  4. 4

    お急ぎの方は最短で翌日面談が可能

    「遺産相続ガイド」では、専門相談員がお客様のご都合にできるだけ沿えるよう面談日を調整しています。お急ぎの方は最短で翌日の面談が可能です。

  5. 5

    オンライン面談ができる

    「遺産相続ガイド」では、コロナウイルスが心配な方のために、オンライン面談も承っています。(対応可能な士業が限られます。詳しくはお問い合わせください。)