弁護士監修記事

宇都宮家庭裁判所の相続放棄手続きを公式よりわかりやすく説明

宇都宮家庭裁判所(宇都宮家裁)のホームページを閲覧しても、各支部の管轄地域、申立書類の郵送先や同封する切手の額面と枚数、電話番号、窓口の場所等が、どこに記載されているかわからなかったという声を耳にすることがあります。

そこで、この記事では、宇都宮家庭裁判所の相続放棄の手続きについて、弁護士がわかりやすく丁寧に説明します。

是非、参考にしてください。

[ご注意]
記事は、執筆日時点における法令等に基づき解説されています。
執筆後に法令の改正等があった場合、記事の内容が古くなってしまう場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをお勧めします。

相続放棄に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

相続放棄の手続きは、どこの家庭裁判所でも同じ

相続放棄の手続き(正しくは「相続放棄申述受理申立」といいます)は、どこの家庭裁判所でも基本的なところは同じです。

相続放棄の手続きについては「相続放棄手続きを自分で簡単に済ませて費用を節約するための全知識」をご参照ください。

家庭裁判所ごとに異なるのは、次のような点ぐらいです。

  • 手続案内の受け方
  • 管轄の家庭裁判所
  • 申立書類の郵送先(提出先)
  • 連絡用の郵便切手の額面と枚数

この記事では、以上のような点について、詳しく、そして、わかりやすく丁寧に説明していきます。

手続案内の受け方

宇都宮家庭裁判所では、本庁1階の家裁受付で、相続放棄の手続きに関する案内を無料で行っています。

土曜、日曜、祝日、年末年始を除く毎日午前830分から午後零時(なるべく午前11時までにお越しください。)、午後1時から午後5(なるべく午後4時までにお越しください。)までで、時間は20分程度です。

予約は不要です。

本庁・各支部の管轄区域と郵送提出の場合の宛先

相続放棄の手続きは、被相続人(亡くなった人)の最後の住所地(亡くなる直前に住んでいた場所)を管轄する家庭裁判所に申し立てます。

それぞれの管轄区域と郵送提出の場合の宛先は下の表のとおりです。

管轄区域本庁・支部郵送提出の場合の宛先電話番号
宇都宮市、鹿沼市、日光市、さくら市(旧氏家町)、那須烏山市、下野市(旧南河内町)、河内郡上三川町、塩谷郡高根沢町本庁320-8505
宇都宮市小幡1-1-38
宇都宮家庭裁判所

家裁訟廷事務室(家裁受付)
028-621-4854
真岡市、芳賀郡益子町、茂木町、市貝町、芳賀町真岡支部321-4305
真岡市荒町5117-2
宇都宮家庭裁判所真岡支部

事務室
0285-82-2076
大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市(旧喜連川町)、塩谷郡塩谷町、那須郡那須町、那珂川町大田原支部324-0056
大田原市中央2-3-25
宇都宮家庭裁判所大田原支部

事務室
0287-22-2112
栃木市、小山市、下野市(旧石橋町、旧国分寺町)、下都賀郡壬生町、野木町栃木支部328-0035
栃木市旭町16-31
宇都宮家庭裁判所栃木支部

家裁書記官室(家事事件受付)
0282-23-0568
足利市、佐野市足利支部326-0057
足利市丸山町621
宇都宮家庭裁判所足利支部

家裁書記官室(家事事件受付)
0284-41-3168

住所のリンクをクリック又はタップすると、地図を確認できます。

また、スマートフォンの場合は電話番号のリンクをタップすると、電話をかけることができます。ただし、質問によっては、電話では答えてもらえず、来庁を求められることがあります。

必要な郵便切手の額面と枚数

宇都宮家庭裁判所での相続放棄手続では、84円切手が3枚と、10円切手が1枚(合計262円分)必要です。

窓口での提出方法

窓口提出の場合も、上記の「郵送提出の場合の宛先」と同じ場所に窓口があります。

窓口提出の場合は、来庁する手間がかかりますが、不明点をその場で確認できるという利点があります。

本庁

本庁の住所は、「宇都宮市小幡1-1-38」(クリック又はタップで地図・経路案内サイト(Googleマップ)が開きます)です。

次のような行き方があります。

  • JR宇都宮線宇都宮駅下車西口から作新学院・日光・大谷方面行きバス乗車(乗車時間約15) 裁判所前停留所下車
  • 東武宇都宮線東武宇都宮駅下車徒歩10

(画像引用元:https://www.courts.go.jp/utsunomiya/about/syozai/utsunomiyamain/index.html

相続放棄手続窓口である「家裁訟廷事務室(家裁受付)」は新館1にあります。

真岡支部

真岡支部の住所は、「真岡市荒町5117-2」(クリック又はタップで地図・経路案内サイト(Googleマップ)が開きます)です。

次のような行き方があります。

  • 真岡鉄道真岡駅下車徒歩20
  • JR宇都宮線石橋駅下車西口から真岡方面行きバス乗車(乗車時間約40)荒町停留所下車徒歩3

(画像引用元:https://www.courts.go.jp/utsunomiya/about/syozai/mouka/index.html

相続放棄手続窓口である「事務室」は1にあります。

大田原支部

大田原支部の住所は、「大田原市中央2-3-25」(クリック又はタップで地図・経路案内サイト(Googleマップ)が開きます)です。

JR宇都宮線西那須野駅下車東口から大田原営業所行きバス乗車(乗車時間約15)裁判所前下車の場所にあります。

(画像引用元:https://www.courts.go.jp/utsunomiya/about/syozai/otawara/index.html

相続放棄手続窓口である「事務室」は1にあります。

栃木支部

栃木支部の住所は、「栃木市旭町16-31」(クリック又はタップで地図・経路案内サイト(Googleマップ)が開きます)です。

JR両毛線栃木駅,東武宇都宮線・日光線栃木駅下車北口から徒歩20分の場所にあります。

(画像引用元:https://www.courts.go.jp/utsunomiya/about/syozai/tochigi/index.html

相続放棄手続窓口である「家裁書記官室(家事事件受付)」は2にあります。

足利支部

足利支部の住所は、「足利市丸山町621」(クリック又はタップで地図・経路案内サイト(Googleマップ)が開きます)です。

JR両毛線足利駅下車北口から徒歩10分の場所にあります。

(画像引用元:https://www.courts.go.jp/utsunomiya/about/syozai/ashikaga/index.html

相続放棄手続窓口である「家裁書記官室(家事事件受付)」は2にあります。

相続放棄は専門家に依頼した方が手間がかからず確実

相続放棄の手続きは自分で行うこともできますが、弁護士又は司法書士に依頼することもでき、その方が、手間がかからず、かつ、確実です。

相続放棄は、申立書類を提出して終わりではなく、その後、送られてくる照会書・回答書に記入して返送しなければなりません。

また、相続放棄が認められない原因となるような事情がある場合は、家庭裁判所から呼び出しがかかったり、追加で資料の提出を求められることもあります。

弁護士や司法書士に依頼すると、このような手間がかかりません。

しかも、書類の書き方が悪くて相続放棄が認められなかったというようなリスクも回避することができます。

詳しくは「相続放棄手続きを弁護士に依頼するメリットと費用の相場を解説!」をご参照ください。

相続放棄に強い栃木県の弁護士・司法書士はコチラ

まとめ

以上、宇都宮家庭裁判所における相続放棄手続について説明しました。

相続放棄の手続きは自分でやることもできますが、弁護士又は司法書士に依頼することがお勧めです。

「面倒だな」と感じたら、弁護士又は司法書士に依頼することを検討するとよいでしょう。

相続放棄に強い栃木県の弁護士・司法書士はコチラ

相続放棄に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

SNSで記事をシェアする