経過的寡婦加算とは?経過的寡婦加算の額は?振替加算との併給は?

経過的寡婦年金加算

65歳になったら、老齢基礎年金を受けることができるようになります。

そのため、中高齢寡婦加算を受けている人が65歳になったら、原則としてこの中高齢寡婦加算は終了してしまうのです。

しかも、昭和3141日以前に生まれた人は、中高齢寡婦加算の金額よりも、老齢基礎年金の金額の方が低いため、65歳になると、もらえる金額が減ってしまいます。

65歳になったとたんに受給額が減ってしまうのは困る…」

このようなことにならないように、経過的寡婦加算という制度があります。

この記事では、経過的寡婦加算について、わかりやすく丁寧に説明します。是非、参考にしてください。

[ご注意]
記事は、公開日(2020年1月8日)時点における法令等に基づいています。
公開日以降の法令の改正等により、記事の内容が現状にそぐわなくなっている場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。

経過的寡婦加算とは?

経過的寡婦加算とは、遺族厚生年金の加算給付の1つで、遺族厚生年金を受けている妻が65歳になり、自分の老齢基礎年金を受けるようになったときに、65歳までの中高齢寡婦加算に代わり加算される一定額のことをいいます。

これは、老齢基礎年金の額が中高齢寡婦加算の額に満たない場合が生ずるときに、65歳到達前後における年金額の低下を防止するため設けられたものです。

その額は、昭和611986)年41日において30歳以上の人(昭和311956)年41日以前生まれ)の人が、60歳までの国民年金に加入可能な期間をすべて加入した場合の老齢基礎年金の額に相当する額と合算して、ちょうど中高齢寡婦加算の額となるよう、生年月日に応じて設定されています。

65歳以降に初めて遺族厚生年金(長期の遺族厚生年金では死亡した夫の被保険者期間が20年(中高齢の期間短縮の特例などによって20年未満の被保険者期間で老齢厚生年金の受給資格期間を満たした人はその期間)以上)を受け始めた妻にも加算されます。

経過的寡婦加算がもらえないケースはある?

経過的寡婦加算をもらうためには、次の3つの要件を全て満たさなければなりません。

  • 妻の生年月日が195641日以前であること
  • 妻が65歳になったこと
  • 中高齢寡婦加算の受給に必要な要件をすべて満たしていること

つまり、経過的寡婦加算は、生年月日が195641日以前で中高齢寡婦加算をもらっている人が65歳になったらもらえます。

要件を満たしているのにもらえない例外パターンは特にありません。

経過的寡婦加算の額

経過的寡婦加算の額は、寡婦である妻の生年月日に応じて、下の表のとおりです。

 

妻の生年月日 加算額(年額)
~昭和2年4月1日 585,700円
昭和242日~昭和341 555,665円
昭和342日~昭和441 527,856円
昭和442日~昭和541 502,032円
昭和542日~昭和641 477,990円
昭和662日~昭和771 455,550円
昭和742日~昭和841 434,558円
昭和842日~昭和941 414,878円
昭和942日~昭和1041 396,391円
昭和1042日~昭和1141 378,991円
昭和1142日~昭和1241 362,586円
昭和1242日~昭和1341 347,092円
昭和1342日~昭和1441 332,435円
昭和1442日~昭和1541 318,550円
昭和1542日~昭和1641 305,377円
昭和1642日~昭和1741 292,862円
昭和1742日~昭和1841 273,340円
昭和1842日~昭和1941 253,817円
昭和1942日~昭和2041 234,295円
昭和2042日~昭和2141 214,772円
昭和2142日~昭和2241 195,250円
昭和2242日~昭和2341 175,727円
昭和2342日~昭和2441 156,205円
昭和2442日~昭和2541 136,682円
昭和2542日~昭和2641 117,160円
昭和2642日~昭和2741 97,637円
昭和2742日~昭和2841 78,115円
昭和2842日~昭和2941 58,592円
昭和2942日~昭和3041 39,070円
昭和3042日~昭和3141 19,547円
昭和3142日~ 加算なし

※日本年金機構「年金給付の経過措置一覧(令和3年度)」を加工して遺産相続ガイド作成

このように、相続手続きには理解の難しい仕組みや制度がたくさんあります。正しく、そして不利益が出ないようにするために、ぜひ専門家に相談してみることをご検討ください。

経過的寡婦加算と振替加算は併給できる

夫(妻)が受けている老齢厚生年金や障害厚生年金に加算されている加給年金額の対象者になっている妻(夫)が65歳になると、それまで夫(妻)に支給されていた加給年金額が打ち切られます。

このとき妻(夫)が老齢基礎年金を受けられる場合には、一定の基準により妻(夫)自身の老齢基礎年金の額に加算がされます。これを振替加算といいます。

振替加算と経過的寡婦加算は、それぞれの要件を同時に満たせば併給を受けることが可能です。

経過的寡婦加算の手続き

経過的寡婦加算をもらうための手続きは不要です。

要件を満たしている人は、65歳になった時点で自動的に中高齢寡婦加算からの切り替えが行われます。

経過的寡婦加算はいつまでもらえる?支給停止になる場合は?

経過的寡婦加算は、基本的には、遺族厚生年金を受給している間(生きている間)はずっともらえます。

ただし、遺族厚生年金の受給者が障害基礎年金の受給権も同時に有しているとき(ただし、支給停止になっている場合は除く)は、経過的寡婦加算は支給停止となります。

のご相談
まずは
STEP1お問い合わせ
お客様に合う専門家をご紹介
STEP2無料相談
専門家が無料でアドバイス
STEP3お申し込み
お見積りをご確認の上お申込み

参考価格

*参考価格は「遺産相続弁護士ガイド」がご案内した行政書士に依頼した場合の目安の料金です。
相続のことなら
「遺産相続弁護士ガイド」に
ご相談ください

この記事を書いた人

株式会社鎌倉新書 いい相続

相続専門のポータルサイト「いい相続」は、相続でお悩みの方に、全国の税理士・行政書士など相続に強い、経験豊富な専門家をお引き合わせするサービスです。
「遺産相続弁護士ガイド」では、遺産分割や相続手続に関する役立つ情報を「いい相続」編集スタッフがお届けしています。また「いい相続」では、相続に関連する有資格者の皆様に、監修のご協力をいただいています。
▶ いい相続とは
▶ 監修者紹介 | いい相続

ご希望の地域の専門家を探す

関連記事

double_arrow