経過的寡婦加算とは?経過的寡婦加算の額は?振替加算との併給は?

経過的寡婦年金加算

中高齢寡婦加算を受けている人が65歳になったら、老齢基礎年金を受けることができる代わりに、中高齢寡婦加算は終了してしまいます。

しかし、昭和3141日以前に生まれた人は、中高齢寡婦加算の金額よりも、老齢基礎年金の金額の方が低いため、65歳になると、もらえる金額が減ってしまいます。

このようなことにならないように、経過的寡婦加算という制度があります。

この記事では、経過的寡婦加算について、わかりやすく丁寧に説明します。是非、参考にしてください。

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ
「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

[ご注意]
記事は、公開日時点における法令等に基づいています。
公開日以降の法令の改正等により、記事の内容が現状にそぐわなくなっている場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。

経過的寡婦加算とは?

経過的寡婦加算とは、遺族厚生年金の加算給付の1つで、遺族厚生年金を受けている妻が65歳になり、自分の老齢基礎年金を受けるようになったときに、65歳までの中高齢寡婦加算に代わり加算される一定額のことをいいます。

これは、老齢基礎年金の額が中高齢寡婦加算の額に満たない場合が生ずるときに、65歳到達前後における年金額の低下を防止するため設けられたものです。

その額は、昭和611986)年41日において30歳以上の人(昭和311956)年41日以前生まれ)の人が、60歳までの国民年金に加入可能な期間をすべて加入した場合の老齢基礎年金の額に相当する額と合算して、ちょうど中高齢寡婦加算の額となるよう、生年月日に応じて設定されています。

65歳以降に初めて遺族厚生年金(長期の遺族厚生年金では死亡した夫の被保険者期間が20年(中高齢の期間短縮の特例などによって20年未満の被保険者期間で老齢厚生年金の受給資格期間を満たした人はその期間)以上)を受け始めた妻にも加算されます。

経過的寡婦加算がもらえないケースはある?

経過的寡婦加算をもらうためには、次の3つの要件を全て満たさなければなりません。

  • 妻の生年月日が195641日以前であること
  • 妻が65歳になったこと
  • 中高齢寡婦加算の受給に必要な要件をすべて満たしていること

つまり、経過的寡婦加算は、生年月日が195641日以前で中高齢寡婦加算をもらっている人が65歳になったらもらえます。

要件を満たしているのにもらえない例外パターンは特にありません。

経過的寡婦加算の額

経過的寡婦加算の額は、寡婦である妻の生年月日に応じて、下の表のとおりです。

 

妻の生年月日 加算額(年額)
~昭和2年4月1日 585,100
昭和242日~昭和341 55万5,096
昭和342日~昭和441 52万7,315
昭和442日~昭和541 50万1,518
昭和542日~昭和641 47万7,500
昭和662日~昭和771 45万5,083
昭和742日~昭和841 43万4,113
昭和842日~昭和941 41万4,453
昭和942日~昭和1041 39万5,985
昭和1042日~昭和1141 37万8,603
昭和1142日~昭和1241 36万2,214
昭和1242日~昭和1341 34万6,736
昭和1342日~昭和1441 33万2,095
昭和1442日~昭和1541 31万8,224
昭和1542日~昭和1641 30万5,064
昭和1642日~昭和1741 29万2,562
昭和1742日~昭和1841 27万3,060
昭和1842日~昭和1941 25万3,557
昭和1942日~昭和2041 23万4,055
昭和2042日~昭和2141 21万4,552
昭和2142日~昭和2241 19万5,050
昭和2242日~昭和2341 17万5,547
昭和2342日~昭和2441 15万6,045
昭和2442日~昭和2541 13万6,542
昭和2542日~昭和2641 11万7,040
昭和2642日~昭和2741 9万7,537
昭和2742日~昭和2841 7万8,035
昭和2842日~昭和2941 5万8,532
昭和2942日~昭和3041 3万9,030
昭和3042日~昭和3141 1万9,527
昭和3142日~ 加算なし

このように、相続手続きには理解の難しい仕組みや制度がたくさんあります。正しく、そして不利益が出ないようにするために、ぜひ専門家に相談してみることをご検討ください。

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ
「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

経過的寡婦加算と振替加算は併給できる

夫(妻)が受けている老齢厚生年金や障害厚生年金に加算されている加給年金額の対象者になっている妻(夫)が65歳になると、それまで夫(妻)に支給されていた加給年金額が打ち切られます。

このとき妻(夫)が老齢基礎年金を受けられる場合には、一定の基準により妻(夫)自身の老齢基礎年金の額に加算がされます。これを振替加算といいます。

振替加算と経過的寡婦加算は、それぞれの要件を同時に満たせば併給を受けることが可能です。

経過的寡婦加算の手続き

経過的寡婦加算をもらうための手続きは不要です。

要件を満たしている人は、65歳になった時点で自動的に中高齢寡婦加算からの切り替えが行われます。

経過的寡婦加算はいつまでもらえる?支給停止になる場合は?

経過的寡婦加算は、基本的には、遺族厚生年金を受給している間(生きている間)はずっともらえます。

ただし、遺族厚生年金の受給者が障害基礎年金の受給権も同時に有しているとき(ただし、支給停止になっている場合は除く)は、経過的寡婦加算は支給停止となります。

の専門家無料紹介のご案内

年間相談件数23,000件以上!
※ 2020年4月~2021年3月実績

相続って何を
するのかわからない

実家の不動産相続の
相談がしたい

仕事があるので
土日しか動けない

誰に相談したら
いいかわからない

費用について
不安がある

仕事が休みの土日に
相談したい

「相続手続」でお悩みの方は
専門家への無料相談がおすすめです
(行政書士や税理士など)

  • STEP1

    お問い合わせ

    専門相談員が無料で
    親身にお話を伺います
    (電話 or メール)

  • STEP2

    専門家との
    無料面談を予約

    オンライン面談
    お電話でのご相談
    も可能です

  • STEP3

    無料面談で
    お悩みを相談

    面倒な手続きも
    お任せください

SNSで記事をシェアする

相続手続に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

北陸・甲信越

遺産相続ガイドお客さまセンター

相続・遺言の専門家探しを
遺産相続ガイドが
無料サポート!

▼専門スタッフに電話相談(無料)

phone

0120-919-259

無料通話 平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時


▼メール相談 24時間受付中(無料)

「遺産相続ガイド」に依頼するメリット

  1. 1

    全国の“相続に強い専門家”を紹介

    「遺産相続ガイド」では、行政書士・司法書士・税理士などの士業の中でも、特に相続分野に強い専門家と提携をしており、紹介手配することが可能です。

  2. 2

    相談内容に沿った最適な士業を選定・紹介

    「遺産相続ガイド」では、お客様一人ひとりのご相談内容や状況に応じて、必要な手続きを明らかにし、最適な士業を選定・紹介することができます。

  3. 3

    手続きにかかる費用を抑えることができます

    「遺産相続ガイド」では、業務内容ごとに依頼先を精査し、なるべくお客様の総額費用が抑えられるような提案をしています。

  4. 4

    お急ぎの方は最短で翌日面談が可能

    「遺産相続ガイド」では、専門相談員がお客様のご都合にできるだけ沿えるよう面談日を調整しています。お急ぎの方は最短で翌日の面談が可能です。

  5. 5

    オンライン面談ができる

    「遺産相続ガイド」では、コロナウイルスが心配な方のために、オンライン面談も承っています。(対応可能な士業が限られます。詳しくはお問い合わせください。)

double_arrow