相続人代表者指定届について必ず知っておかなければならないこと

相続人代表者指定届

身近な人が亡くなって相続人となると、役所から、相続人代表者指定届の提出を求められることがあります。

この記事では、相続人代表者指定届について、弁護士がわかりやすく説明します。是非、参考にしてください。

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ
「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

[ご注意]
記事は、公開日時点における法令等に基づいています。
公開日以降の法令の改正等により、記事の内容が現状にそぐわなくなっている場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。

相続人代表者指定届とは?

「相続人代表者指定届」とは、亡くなった人が所有していた不動産にかかる固定資産税・都市計画税の納税通知書を受領する代表者を指定するため書類です。

全国の市区町村に同趣旨の届出書が用意されていますが、書類の名称は市区町村によって異なります。

札幌市など多くの市区町村で「相続人代表者指定届」という名称になっているため、この記事では全国の市区町村の同趣旨の届出書のことを総称して「相続人代表者指定届」とよぶことにします。

なお、他には「土地又は家屋を現に所有している者の申告書」(横浜市など)、「相続人代表者届出書」(大阪市など)、「固定資産税の納税義務者の届出書」(福岡市など)、「書類送付先届出書」(川崎市など)等といった名称があります。

固定資産税・都市計画税の納税通知書の発送時期

固定資産税・都市計画税の納税通知書は、通常、毎年46月頃に、その年の11日時点で、その不動産の所有者として登記されている人に届きます。

11日時点で所有者として登記されている人が、固定資産税・都市計画税の納税通知書が発送されるまでの間に亡くなっている場合(11日時点で既に亡くなっている場合を含む)、納税通知書は、相続人が一人の場合はその人に届きますが、相続人が複数の場合は、「相続人代表者」に届きます(亡くなってから発送まで日にちがない場合は、「故 ○○様のご相続人様」という宛名で亡くなった人の住所に届くことがあります)。

この「相続人代表者」を指定するための届出書が、「相続人代表者指定届」です。

相続人代表者指定届を出さないとどうなる?

相続人代表者指定届を出さないと、役所が相続人代表者(固定資産税・都市計画税の納税通知書の送付先)を指定します。

誰に届くかの優先順は公表されていないため分かりませんが、その不動産に住民票がある人に届くことが多いようです。

その不動産に住民票がある人が複数いる場合、世帯主となっている人宛てに届くことが多いようです。その不動産に住民票がある人が誰もいない場合は、その不動産がある市区町村に住民票がある人宛てに届くことが多いようです。

候補者が配偶者と配偶者以外の場合は、配偶者に届くことが多いようです。

相続人代表者指定届に関するよくあるトラブル

相続人代表者に誰を指定するかを巡って相続人間でトラブルになることがあります。

不動産を相続する人が決まっていれば、その人が相続人代表者となることに、通常、異論はないでしょうから、トラブルにはならないでしょうが、相続人全員が自分が不動産を相続しないかもしれないのに相続人代表者となることを避けたいと考えた場合に押し付け合いになることがあります。

このような場合は、無理に相続人代表者指定届を出す必要はなく、役所が指定した人(固定資産税・都市計画税の納税通知書が届いた人)が、一旦、納税するとよいでしょう。

固定資産税・都市計画税を負担した人が、不動産を相続しなかった場合、固定資産税・都市計画税を負担した人は、不動産を相続した人に求償(償還を求めること)することができますが、不動産を相続した人が求償に応じずにトラブルになることもあります。

どうしても求償に応じない場合は、最終的には、訴訟を通じて請求するしかなくなり、費用も手間もかかってしまいます。

訴訟を起こさずとも弁護士を通じて請求することで弁済されることもあるため、このようなケースではまずは弁護士に相談するとよいでしょう。

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ
「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

4つの質問に答えるだけ!

あなたに必要相続手続き
オンライン
1
診断
今すぐ「無料」診断 chevron_right
相続に関する無料電話相談はこちらから
0120-919-259
受付時間 – 平日 9:00 – 19:00 / 土日祝 9:00 –18:00

相続人代表者指定届と相続放棄

相続放棄をした(または、これからする予定の)人がいる場合、その人は、その不動産を相続することはないでしょうから、相続人代表者にならない方がよいでしょう。

もっとも、相続人代表者に指定されたからといって、相続放棄ができなくなったり、無効になったりすることはありません。

相続人代表者指定届を出さなかった場合、役所が相続人代表者を指定することは前述のとおりですが、相続放棄をした人や相続放棄をする予定の人が相続人代表者に指定され、その人に固定資産税・都市計画税の納税通知書が届くことがあります。

相続放棄をした人は、相続放棄申述受理通知書または相続放棄申述受理証明書を役所に持参して、相続放棄したことを証明すれば、督促や差し押さえを受けることはなくなります。

市民税に関する相続人代表者指定届

亡くなった人の市民税(区民税、町民税、村民税)等の固定資産税・都市計画税以外の市区町村税の賦課徴収及び還付に関する書類も、相続人代表者に届くようになっている市区町村が多いです。

固定資産税と市民税で届が分かれている市区町村もあります。

届が一緒になっている場合で、固定資産税と市民税とで代表者を分けたい場合は、役所に相談するとよいでしょう。

相続人代表者指定届の書き方

相続人代表者指定届の書式は、市区町村によって異なります。

届け出先の市区町村で確認するとよいでしょう。

ここでは、札幌市の記入例を紹介しておきます。

相続人代表者指定届は代筆でもよい?

遠方に住む相続人がいる場合などで本人による署名押印が難しいときは、相続人本人の了承があれば、他の相続人による代筆でも構わないとしている市区町村が多いようです。

その場合は、代筆した旨を備考欄等へ記入する決まりになっている市区町村が多いようです(例/相続人○○○○は遠方に住んでいるため、私、○○××が電話で確認済です。印)。

代筆に関するルールは、市区町村によって異なるので、届け出先に市区町村に確認すべきでしょう。

の専門家無料紹介のご案内

年間相談件数23,000件以上!
※ 2020年4月~2021年3月実績

相続って何を
するのかわからない

実家の不動産相続の
相談がしたい

仕事があるので
土日しか動けない

誰に相談したら
いいかわからない

費用について
不安がある

仕事が休みの土日に
相談したい

「相続手続」でお悩みの方は
専門家への無料相談がおすすめです
(行政書士や税理士など)

  • STEP1

    お問い合わせ

    専門相談員が無料で
    親身にお話を伺います
    (電話 or メール)

  • STEP2

    専門家との
    無料面談を予約

    オンライン面談
    お電話でのご相談
    も可能です

  • STEP3

    無料面談で
    お悩みを相談

    面倒な手続きも
    お任せください

SNSで記事をシェアする

相続手続に関する不明点や困り事は、専門家への無料相談でスッキリ解決!

お住まいの都道府県の専門家を選べます。

まずは、お住まいの都道府県をクリック!

北陸・甲信越

遺産相続ガイドお客さまセンター

相続・遺言の専門家探しを
遺産相続ガイドが
無料サポート!

▼専門スタッフに電話相談(無料)

phone

0120-919-259

無料通話 平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時


▼メール相談 24時間受付中(無料)

「遺産相続ガイド」に依頼するメリット

  1. 1

    全国の“相続に強い専門家”を紹介

    「遺産相続ガイド」では、行政書士・司法書士・税理士などの士業の中でも、特に相続分野に強い専門家と提携をしており、紹介手配することが可能です。

  2. 2

    相談内容に沿った最適な士業を選定・紹介

    「遺産相続ガイド」では、お客様一人ひとりのご相談内容や状況に応じて、必要な手続きを明らかにし、最適な士業を選定・紹介することができます。

  3. 3

    手続きにかかる費用を抑えることができます

    「遺産相続ガイド」では、業務内容ごとに依頼先を精査し、なるべくお客様の総額費用が抑えられるような提案をしています。

  4. 4

    お急ぎの方は最短で翌日面談が可能

    「遺産相続ガイド」では、専門相談員がお客様のご都合にできるだけ沿えるよう面談日を調整しています。お急ぎの方は最短で翌日の面談が可能です。

  5. 5

    オンライン面談ができる

    「遺産相続ガイド」では、コロナウイルスが心配な方のために、オンライン面談も承っています。(対応可能な士業が限られます。詳しくはお問い合わせください。)

double_arrow