検討リスト

検討リストから問い合わせ
      検討済みリストは空です

閲覧履歴

    履歴が登録されていません

検討リスト

検討リストから問い合わせ
      検討済みリストは空です

閲覧履歴

    履歴が登録されていません
電話相談可能初回面談無料土日面談可能18時以降面談可能

高橋 翔志弁護士

【依頼者に寄り添ったサポートを】
大阪府大阪市北区梅田1-12-12 東京建物梅田ビル10階

【依頼者に寄り添ったサポートを】

私は依頼者に寄り添った法的サポートを提供することに努めています。

個々の案件に対応する上で、弁護士として最も重要なことは、安心して悩みを打ち明けて頂くために、依頼者の方々に真摯に向き合い、信頼して頂くことだと考えております。
如何なる案件においても、一つ一つの仕事を地道に丁寧に対応するという基本的な姿勢を怠らず、ご縁を頂いた依頼者の方々を全力でサポートさせて頂きます。

「相続」は比較的身近な出来事ですが、そこには様々な法律問題が内在されています。相続人同士が良好な関係であれば、その問題を意識する必要はないですが、「争続」になってしまうとその問題を解決しなければなりません。

遺言書作成、遺産分割、遺留分侵害額請求などの相続案件(交渉・調停・裁判)に自信があります。
転ばぬ先の杖としても、弁護士への相談は有用ですので、まずは皆様の相続に関する「悩み」をご相談いただければ幸いです。

営業時間外09:00-18:00

高橋 翔志弁護士
への相談はこちらから

\ 24時間受付中 /

Webで相談

\ 早期解決をご希望の方向け /

05075878228
「遺産相続弁護士ガイド」見たと
お伝え下さい

高橋 翔志弁護士の営業日・相談可能日

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

※営業日・相談可能日が変更となる場合もございます。詳細はお問い合わせください。

受付時間

受付時間

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

09:00 - 18:00

定休日
土曜日・日曜日・祝日
備考
営業時間外のご相談は事前予約が必要です。

特長

特長・強み
初回面談無料 / 電話相談可能 / 土日面談可能 / 18時以降面談可能
対応分野
遺言書 / 遺留分 / 遺産分割 / 紛争・争続 / 相続放棄 / 成年後見 / 家族信託 / 事業承継
対応地域
大阪府

所属弁護士のご紹介

高橋 翔志

弁護士高橋 翔志弁護士大阪弁護士会

経歴
大阪弁護士会遺言・相続センター運営委員会所属
その他
依頼者の方々のご要望に応えることは勿論、潜在的な問題点を掘り下げ、ご要望の先にあるニーズを予測し、最良のリーガルサービスを提供することに努めています。

遺言書作成、遺産分割、遺留分侵害額請求などの相続案件から成年後見や家族信託などの案件にも対応可能です。

遺産相続の料金表

事務所へのアクセス

住所
大阪府大阪市北区梅田1-12-12 東京建物梅田ビル10階
最寄り駅
交通手段
御堂筋線 梅田駅より徒歩3分

遺産相続案件の解決事例

CASE01

被相続人の生前における、他の相続人による不正出金を追求した事例

相談者の属性
50代
女性
相談内容

相続人が3名(母、長女、二女)の案件で、長女(以下、依頼者といいます。)からご相談をいただきました。

依頼者は、相続人間で十分な話し合い(遺産分割協議)がないまま、遺産分割協議書の作成を求められており、そのことが納得できない様子でした。
具体的には、被相続人の預貯金の残高が思っていたより少ないことを依頼者が言及しても、二女が一向に耳を貸そうとしない、とのことでした。

被相続人の預貯金通帳等を二女が預かっていると思われる点やその他の依頼者のお話から、経験則上、二女による不正な出金の存在が疑われました。

解決内容

まずは被相続人の預貯金の入出金履歴を各金融機関から取り寄せ、不自然な出金がないか確認しました。
すると、被相続人の死亡日に近接した期間で、合計1,000万円以上の出金がありました。これらの出金は、全てATMが利用されている点、出金の頻度が多い点など、不自然な点が多いため、二女による不正出金であるとの仮説を立てて、更に調査を進めました。

その後、二女に対し、調査により明らかになった事実を根拠に、合計1,000万円以上の出金のうち法定相続分相当の返還を求めたところ、無事、請求額通りの返還を受けることが出来ました。

弁護士からのコメント

被相続人の預金口座から生前に出金された現金(使途不明金)を他の相続人が使い込んだとして不当利得返還請求する場合、裁判において請求が認められることは容易ではないケースが多いです。
そのため、交渉段階から、不自然な出金であることを主張する側が万全な準備(証拠収集)を行う必要がありますので、適切な法律知識を持ち合わせた弁護士にご相談されることをおすすめします。

初回面談無料の弁護士事務所

土日も相談できる弁護士事務所

この地域で対応可能な弁護士事務所

double_arrow