検討リスト

検討リストから問い合わせ
      検討済みリストは空です

閲覧履歴

    履歴が登録されていません

検討リスト

検討リストから問い合わせ
      検討済みリストは空です

閲覧履歴

    履歴が登録されていません
電話相談可能初回面談無料土日面談可能18時以降面談可能

よつば法律事務所

岡山県岡山市北区南方1-4-3 アストロビル3F

最善な解決を考え、迅速・誠実・丁寧に対応

法律紛争がより複雑かつ身近になっていく中、敷居の低い、気軽に相談できる法律事務所を目指しています。

そして、あなたにとって最善な解決は何かということを常に考え、迅速・誠実・丁寧な仕事をモットーに事件に取り組んでいます。

料金体系

遺言書作成

100,000~

遺産分割のご相談

初回相談料無料。ご依頼を受ける場合には、弁護士費用について遺産内容に応じて算定いたします。

相続放棄

100,000~

その他

ご相談ください。

過去の相談事例

ケース1

【相談内容】

先祖の名義のままになっている不動産があり、相続人も多数に上っている。

【解決】

相続人調査を行い判明した数十人の相続人と協議し、円満に解決することができた。

ケース2

【相談内容】

先祖代々受け継がれた土地に居住しており、土地は父の名義になっているものと思っていたが、父が亡くなったあとになって調べてみると、聞いたこともない先祖の名義のままになっていた。

【解決】

相続関係の調査を行うも、登記名義人までさかのぼれる戸籍が現存しておらず、やむを得ず時効取得による訴訟を提起し、無事所有権移転登記を行うことができた。

ケース3

【相談内容】

行方不明になっていた兄弟が亡くなっていたことがわかり、その負債について相続人である自分に対し請求が来た。

【解決】

法定の相続放棄の制限期間は経過していたが、裁判所に事情を説明し、無事相続放棄することができた。

事務所概要

代表弁護士 杉本 秀介
所属団体 岡山弁護士会
事務所設立 2003年10月設立
弁護士 杉本 秀介
経歴
  • 1974年生まれ
  • 1998年 司法試験合格
  • 司法修習53期
  • 2000年 弁護士登録
  • 岡山弁護士会消費者被害救済センター運営委員会委員長、総務委員会委員長など歴任
  • 2012年度 岡山弁護士会副会長
  • 岡山簡易裁判所調停委員

営業時間外09:00-17:30

よつば法律事務所
への相談はこちらから

\ 24時間受付中 /

Webで相談

\ 早期解決をご希望の方向け /

050-7587-2461
「遺産相続弁護士ガイド」見たと
お伝え下さい

よつば法律事務所の営業日・相談可能日

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

※営業日・相談可能日が変更となる場合もございます。詳細はお問い合わせください。

受付時間

受付時間

09:00 - 17:30

09:00 - 17:30

09:00 - 17:30

09:00 - 17:30

09:00 - 17:30

定休日
土曜日・日曜日・祝日
備考
(土日)事前予約で対応可

特長

特長・強み
初回面談無料 / 電話相談可能 / 土日面談可能 / 18時以降面談可能
対応分野
遺言書 / 遺留分 / 遺産分割 / 紛争・争続 / 相続財産調査 / 相続登記 / 相続放棄 / 成年後見 / 相続手続き
対応地域
岡山県 広島県 香川県 兵庫県

所属弁護士のご紹介

弁護士杉本 秀介弁護士

経歴
1974年生まれ
1998年 司法試験合格
司法修習53期
2000年 弁護士登録
岡山弁護士会消費者被害救済センター運営委員会委員長、総務委員会委員長など歴任
2012年度 岡山弁護士会副会長
岡山簡易裁判所調停委員

遺産相続の料金表

事務所へのアクセス

住所
岡山県岡山市北区南方1-4-3 アストロビル3F
最寄り駅
交通手段
「岡山駅」徒歩15分
「岡山弁護士会館停留所」バス停徒歩3分

遺産相続案件の解決事例

CASE01

先祖の名義の不動産

相談者の属性
匿名
相談内容

先祖の名義のままになっている不動産があり、相続人も多数に上っている。

解決内容

相続人調査を行い判明した数十人の相続人と協議し、円満に解決することができた。

CASE02

聞いたこともない先祖名義の土地

相談者の属性
匿名
相談内容

先祖代々受け継がれた土地に居住しており、土地は父の名義になっているものと思っていたが、父が亡くなったあとになって調べてみると、聞いたこともない先祖の名義のままになっていた。

解決内容

相続関係の調査を行うも、登記名義人までさかのぼれる戸籍が現存しておらず、やむを得ず時効取得による訴訟を提起し、無事所有権移転登記を行うことができた。

CASE03

行方不明になっていた兄弟の負債

相談者の属性
匿名
相談内容

行方不明になっていた兄弟が亡くなっていたことがわかり、その負債について相続人である自分に対し請求が来た。

解決内容

法定の相続放棄の制限期間は経過していたが、裁判所に事情を説明し、無事相続放棄することができた。

初回面談無料の弁護士事務所

土日も相談できる弁護士事務所

この地域で対応可能な弁護士事務所

double_arrow