相続登記で遺産分割協議書が必要なケース、使いやすいひな形

相続登記で遺産分割協議書が必要なケース

相続登記には遺産分割協議書が必要なケースがあるのをご存知ですか?遺産分割協議書とは、遺産分割協議の内容をまとめた書類です。

そして相続登記とは、不動産の所有者が亡くなったときに、その不動産の名義を相続人に変更する手続きを言います。

遺産分割協議書は金融機関の払い戻しなどにも使用するため、一般的に作成することが多いです。自分で作成もできますが、手間を省きたい方は行政書士などの専門家に依頼しても良いですね。

この記事では、相続登記で遺産分割協議書が必要なケースや、そのほかに必要な書類について紹介します。相続登記をする人は是非、参考にしてください。

[ご注意]
記事は、公開日(2020年11月6日)時点における法令等に基づいています。
公開日以降の法令の改正等により、記事の内容が現状にそぐわなくなっている場合がございます。
法的手続等を行う際は、弁護士、税理士その他の専門家に最新の法令等について確認することをおすすめします。

相続登記で遺産分割協議書が必要なケース

相続登記で遺産分割協議書が必要となるのは、遺産分割協議の結果により不動産を取得した場合です。

次の場合には、遺産分割協議書は不要です。

  • 遺産分割調停又は遺産分割審判の結果により取得した場合
  • 法定相続分の共有登記をする場合
  • 遺言により取得した場合
  • 相続人が一人しかいない場合

遺産分割協議書の書き方・作成方法

遺産分割協議書の作成方法は、相続登記用と他の目的のものとで違いはありません。

遺産分割協議書は目的ごとに作成するのではなく、1種類だけ作成すれば、あらゆる目的に用いることができます。

遺産分割協議書のひな形はこちらのリンクからダウンロードできます。

一般の方が個人で利用される分にはご自由にお使いいただけます(商用利用はご遠慮ください)。

記載ミスが心配な方は専門家に相談してみても良いですね。

相続登記の遺産分割協議書以外の必要書類

相続登記には、遺産分割協議書以外にもケースに応じて様々な書類が必要となります。

登記申請書の書き方・作成方法

登記の申請には、登記申請書が必要です。

相続登記以外に遺産分割協議書が必要な手続き

相続登記以外に遺産分割協議書が必要な手続きとして、次のものが挙げられます。

これらの手続きについての詳細については、上のそれぞれのリンク先ページをご参照ください。

よくある質問

以上、相続登記で遺産分割協議書が必要になるケースについて説明しました。

最後にまとめとして、よくある質問とその回答を示します。

相続登記で遺産分割協議書が必要となるケースは?

相続登記で遺産分割協議書が必要となるのは、遺産分割協議の結果により不動産を取得した場合です。

遺産分割協議書は相続登記用に作成すべき?

遺産分割協議書の作成方法は、相続登記用と他の目的のものとで違いはありません。遺産分割協議書は目的ごとに作成するのではなく、1種類だけ作成すれば、あらゆる目的に用いることができます。

のご相談
まずは
STEP1お問い合わせ
お客様に合う専門家をご紹介
STEP2無料相談
専門家が無料でアドバイス
STEP3お申し込み
お見積りをご確認の上お申込み

参考価格

*参考価格は「遺産相続ガイド」がご案内した行政書士に依頼した場合の目安の料金です。
相続のことなら
「遺産相続ガイド」に
ご相談ください

この記事を書いた人

株式会社鎌倉新書 いい相続

相続専門のポータルサイト「いい相続」は、相続でお悩みの方に、全国の税理士・行政書士・司法書士・弁護士など相続に強い、経験豊富な専門家をお引き合わせするサービスです。
「遺産相続ガイド」では、遺産分割や相続手続に関する役立つ情報を「いい相続」編集スタッフがお届けしています。また「いい相続」では、相続に関連する有資格者の皆様に、監修のご協力をいただいています。
▶ いい相続とは
▶ 監修者紹介 | いい相続

都道府県から専門家(士業事務所)を探す!!

ご相談される方のお住いの地域、遠く離れたご実家の近くなど、ご希望の地域で専門家(士業事務所)を検索できます。

北陸・甲信越

関連記事

遺産相続ガイドお客さまセンター

相続・遺言の専門家探しを
遺産相続ガイドが
無料サポート!

▼専門スタッフに電話相談(無料)

phone

0120-919-259

無料通話 平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時


▼相続トラブルでお悩みの方は

double_arrow