弁護士法人 グラディアトル法律事務所へ問合せ

弁護士 弁護士法人 グラディアトル法律事務所

  • 対応地域

    全国

  • 住所

    東京都新宿区新宿1-11-5 不二越ビル2階地図を見る

  • 最寄駅

    東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」2番出口より徒歩2分

  • 営業時間

    (営業時間)10:00〜19:00 (相談受付時間)00:00〜23:59

  • 定休日

  • 特記事項

    電話相談可能、初回面談無料、土日面談可能、18時以降面談可能

  • 対応分野

    遺産分割、相続手続、遺言、遺留分、相続放棄、相続調査、紛争・争続、成年後見

弁護士法人 グラディアトル法律事務所弁護士からのメッセージ

すべては依頼者のために

依頼者を「守る」だけでなく、「攻め」の提案を⾏い、依頼者の利益を「勝ち取る」。

そして、依頼者とともに「闘う」弁護⼠であることを事務所理念とし、剣闘士を意味する「グラディアトル」を事務所名に掲げました。

この想いには、弁護⼠という職業は依頼者あってのものという考えが根底にあります。いかに資格を持っていようとも、依頼者がいなければ弁護⼠として仕事をすることはできません。

依頼者のため、そして弁護⼠であるために全⼒を尽くします。

最新の法律知識・ツールを駆使!

⽇々変わり続ける法律・判例や技術は、我々の「武器」でもあります。

平均年齢30代前半の精鋭弁護⼠が、最新の法律知識とツールを駆使し、新たな分野や法律問題に挑戦していき、問題解決に取り組みます。

豊富な相談・受任実績

事務所開設から2020年までの約7年間で、相談件数が3万件以上、受任件数が3千件以上と豊富な実績があります。

そして、その蓄積した経験・ノウハウを事務所全体で共有しておりますので、さまざまな相談者の事情に応じた最適な提案・助⾔が可能です。

365⽇24時間受付。土日祝対応可能

ご相談については、時間を問わず365⽇24時間受付しております。

また⼟⽇祝も営業しておりますので、⽇にちを選ばず弁護⼠との面談が可能です。

料金体系

具体的かつ明確な分かりやすい弁護士費用を無料相談時にお見積もり致します。

報酬基準につきましては、案件の性質等を勘案し、ご依頼者様とご相談の上決定させていただきます。

ご依頼者様に合わせた形で提案できる仕組みを取っており、事案に応じて柔軟に対応することが可能ですので、お気軽にご相談ください。

初回相談

無料
※弊所相談規定に照らして、無料相談をお受けいたしかねることもございますので、ご了承ください。

着手金(事件を依頼した段階でお支払いいただくもの)

  • 書面作成:5万円~
  • 任意交渉:20万円~
  • 訴訟:30万円~

報酬金(事件が成功した場合、事件終了の段階でお支払いいただくもの)

事件の内容によって成功とする条件が異なりますので、面談時にご説明いたします。

実費(事件処理のため実際に出費されるもの)

訴訟の場合でいえば、裁判所に納める印紙代と予納郵券(切手)代などがかかります。また弁護士が外出を要する場合、交通費などもかかります。

日当

弁護士が裁判所に出廷するなど、裁判期日に対応する場合や、相手方と直接交渉に出向く場合などに発生します。

顧問料(顧問契約を締結し、その契約に基づき継続的に行う一定の法律事務に対してお支払いいただくもの)

5万円~(月額)

※事件の内容(当事者間の争いの有無や難易度の違い)によって、金額が前後しますので、あくまで目安となります。

事務所概要

弁護士 若林 翔
所属団体 東京弁護士会
経歴
    司法試験合格後、司法修習を経て、グラディアトル法律事務所に入所し、2013年から代表弁護士を務めています。
    リーガルサービスを必要とされている方にとって、より身近な存在となれる弁護士・法律事務所となることを目指しています。
  • 早稲田大学付属本庄高等学院
  • 早稲田大学法学部
  • 慶應義塾大学法科大学院
メディア掲載

    ◆テレビ掲載情報

    • 『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告「最新犯罪スペシャル」』(テレ東プラス 2019年03月29日)

    ◆新聞掲載情報

    • 『追跡 仮想通貨 ~「コイン」で出資 潜む罠~』(読売新聞 2018年5月6日朝刊記事)

    ◆雑誌掲載情報

    • 『ラジオライフ』(三才ブックス 2020年4月25日)
    • 特集『交通トラブル絶対回避』のコーナー『道路交通法Q&A』にて取材記事が掲載

    弁護士法人 グラディアトル法律事務所へのアクセス

    double_arrow