岡本政明法律事務所へ問合せ

弁護士 岡本政明法律事務所

  • 対応地域

    東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県

  • 住所

    東京都新宿区新宿1-9-3 NBK祭苑ビル4F地図を見る

  • 最寄駅

    東京メトロ丸の内線「新宿御苑前駅」より徒歩1分/地下鉄都営新宿線「新宿三丁目駅」より徒歩8分

  • 営業時間

    (営業日)9:00〜22:30 (休日)メール対応は常時可能

  • 定休日

  • 特記事項

    電話相談可能、初回面談無料、土日面談可能、18時以降面談可能

  • 対応分野

    遺産分割、相続手続、遺言、遺留分、相続放棄、相続調査、紛争・争続、成年後見

岡本政明法律事務所弁護士からのメッセージ

お客様との信頼関係の構築こそ重要と考えています

そのため、お客様の希望に丁寧に答えながら、一つ一つのご相談に全力で対応することを重視しています。30年以上続く事務所であり、多数の事件を解決してまいりましたので、安心してご相談ください。

不動産や高額な財産がある相続の場合、どうしても複雑な処理が必要になったり、揉めたりしてしまう可能性が高くなります。一旦誤った処理をしてしまうと後で取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

そのため、このような相続においては、特に弁護士に相談する必要性が高いです。可能であれば、相続が発生する前から、遺言、家族信託、事業承継等を弁護士に相談することをオススメします。

当事務所においては、これまでも不動産や高額な財産がある場合の相続を解決してきた実績がありますので、ご安心してご相談ください。

次のようなお悩みがある方は気軽にご連絡ください

  • 遺産に不動産があり、悩んでいる
  • 家や土地を誰が相続するかで揉めている
  • 遺産に賃貸アパートなどがあり、どこを相続するかで揉めている
  • 遺産が高額で親族間で揉めそう
  • 息子に会社を継がせたいが心配
  • 会社を継いだ兄弟の話が納得できない
  • 遺言書の内容が明らかに偏っている
  • 遺言書には自分の名前はなかったが、遺産をもらいたい
  • 同居していた兄弟が預金を使い込んでいた
  • 自分が死んだ後のことを考え、法的に問題のない遺言書を作成したい
  • 高齢の親が認知症になってしまわないかが心配
  • 家族信託を検討している

【定休日】
不定休

料金体系

相談料

初回無料

※詳細は事務所報酬規程によりますが、具体的な事案によって、ご相談に応じさせていただいております。

過去の相談事例

ケース1

【相談内容】

兄弟から多額の遺産分割・遺留分を要求されているが、裁判にせずに解決したい。

【解決】

相手の主張が認められないことを立証した上で、話し合いを重ね、交渉で当方に有利な和解を行いました。

ケース2

【相談内容】

遺産分割が進まないので、遺産の請求や遺留分の請求をしたい。

【解決】

相手に請求した上で、話し合いを重ね、依頼者の方が満足する分の支払いを受けました。

ケース3

【相談内容】

遺言書を作成したいが、どうしたら良いか。

【解決】

依頼者の方の希望をしっかり聞いていた上で、依頼者の方の希望に則った遺言書を作成しました。

事務所概要

代表弁護士 岡本 政明
所属団体 第一東京弁護士会
事務所設立 1990年設立

所属弁護士

弁護士 岡本 直也
経歴
  • 1999年 3月 学習院高等科卒業
  • 2003年 3月 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
  • 2005年 3月 早稲田大学大学院法学研究科修了
  • 2008年 3月 東京大学法科大学院修了
  • 2008年 9月 司法試験合格
  • 2018年 9月 一般社団法人スポーツキャリアアドバイザーズ 理事
  • 2020年 8月 中央ビルト工業株式会社(東証2部)社外取締役(監査等委員)
  • 2020年12月 東京大学連携研究機構、不動産イノベーション研究センター、(借家立退料の算定に関する実務家WG)ワーキングメンバー
著書 ◆単著

  • 『Q&A 競業避止、営業秘密侵害等の不正競争に関する実務』(日本加除出版)

◆執筆

  • 『事例でみる 債権管理・回収のチェックポイント』(新日本法規)
  • 『農林水産関係知財の法律相談』(青林書院)
  • 『実務原子力損害賠償』(勁草書房)など

◆講演

  • 「事業承継に関わる法律と事例」
  • 「賃貸借契約と民法改正」
  • 「未払い残業代請求対策」
  • 「貸主側から見た賃貸借契約書の注意点」
  • 「不動産経営と時効」
  • 「個人情報保護法改正」
  • 「債権回収の実務」
  • 「ハラスメントセミナー」など多数

岡本政明法律事務所へのアクセス

double_arrow