初回面談無料!相続手続き・遺言など相続のお悩みをプロが解決

相続登記 に強い
全国の専門家 を
無料でご紹介

遺産相続ガイド専門スタッフ 無料電話相談受け付け中

お電話での無料ご相談
phone_in_talk

0120-992-519

通話無料/平日9時~19時/土日祝9時~18時

かんたん入力1分
mail_outline

ネット無料相談

遺産相続ガイドとは

keyboard_arrow_right

設定中の検索条件:

  • ×相続登記
  • 「×」を押すと、その条件が外れます。

下の検索ボックスで、条件をまとめて設定することもできます。

専門家を絞り込む

都道府県:
相談内容:
職種:
詳細条件:

全13件中 1~13件を表示

専門家に相談する際のポイント

ポイント1事務所の所在地にこだわり過ぎない

最近では、オンライン面談等による相談・依頼が可能な専門家が増えており、また、対面での面談が必要になる場合でも頻繁に事務所に通う必要はなく、事務所の所在地にこだわる必要性が乏しくなってきています。まずは、気軽に相談してみるとよいでしょう。

ポイント2まずは、とりあえず電話してみる

電話前に準備は不要です。何から話せば良いかわからなくても、専門家やスタッフが、必要な情報を丁寧に質問して聞き出してくれます。一人で気を揉んでいても問題は解決しません。問題解決や疑問解消の第一歩として、まずはお気軽に電話してみてください。

ポイント3電話できない時はメールを送る

営業時間外や電話がつながらない時、電話できない状況の時は、一旦、メールを送っておくと、専門家から折り返しの連絡をもらうことができます。メールは各事務所の「メールでお問い合わせ」ボタン(ピンク色)から送ることができます。お問い合わせ内容の入力は簡単で構いません。「電話折り返し希望」だけでも構いません。電話を受けるのに都合の良い(または悪い)時間帯があれば、その旨を書いておくとよいでしょう。

ポイント4解決しない場合は、別の専門家に相談する

一口に専門家と言っても、弁護士と司法書士では業態が異なりますし、同じ種類の専門家であっても専門としている分野が異なることがあります。一人の専門家に相談しても解決しなかったとしても、別の専門家に相談すると解決することもよくあります。

ポイント5なるべく当事者本人が相談する

当事者本人から専門家に相談することが早期解決のために重要です。このサイトをご覧になっている方が本人ではない場合は、このページに掲載されている電話番号、又は、このページのURL(アドレス)を、本人に伝えて、本人から相談させるとよいでしょう。

全13件中 1~13件を表示

専門家を絞り込む

都道府県:
相談内容:
職種:
詳細条件:

専門家の職種で絞り込む

  • 弁護士

    弁護士

    弁護士は法律のエキスパートです。法律のことなら何でも相談することができます。相続人間で揉めている場合は特に、弁護士に相談することをお勧めします。
  • 税理士

    税理士

    税理士は税金のことの専門家です。相続財産は相続税の課税対象となりますし、贈与財産は贈与税の課税対象となります。相続税や贈与税には、様々な非課税や減税の制度があります。
  • その他

    行政書士・司法書士

    相続手続きは、行政書士・司法書士に依頼するのが一般的です。中でも相続に詳しい経験豊富な専門家を、遺産相続ガイドではご紹介しています。

詳細条件で絞り込む

相続登記に強い専門家の選び方

専門家を絞り込む

都道府県:
相談内容:
職種:
詳細条件: